ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > こども教育部 > 家庭支援課 > ひとり親家庭等高等学校等就学支援金

本文

ひとり親家庭等高等学校等就学支援金

ページID:0003554 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

塩尻市では、高等学校などに通うお子さんを養育するひとり親家庭の経済的な負担を軽減するため、児童扶養手当(支給額が全部支給である世帯のみ)を受給されている方の就学にかかる高校教材費、通学費の一部を助成します。
制度案内チラシおよび制度に関するQ&Aでは、制度についてより具体的にまとめていますので、ページ下部の添付ファイルをご覧ください。

高校教材費の助成

高等学校等で指定された教科書や副教材を購入した費用を助成します。
助成額:1人実費相当分(ただし、15,000円まで)

通学費の助成

公共交通機関を利用した通学に必要な費用を助成します。
助成額:1人実費相当分の2分の1(ただし、20,000円まで)

支給対象

  • 市内に住所を有していること
  • 購入時に児童扶養手当を受給し、かつ支給額が全部支給であること
  • 県内の高等学校等に通学していること
  • 母子父子寡婦福祉資金の貸付や生活保護費を受けていないこと

必要書類

ひとり親家庭等高等学校等就学支援金支給申請書(共通様式)

塩尻市ひとり親家庭等高等学校等就学支援金支給申請書 [PDFファイル/92KB]

添付書類
教材費 通学費
  • 児童扶養手当証書の写し(教材等購入時点のもの)
  • 児童扶養手当証書の写し(定期券等購入時点のもの)
  • 教材費の支払額を証する書類
    (例:学校から指定された教材の明細など)
  • 通学定期乗車券等の写し
  • 学生証または在学証明書の写し
  • 学生証または在学証明書の写し
  • 金融機関の通帳またはキャッシュカードの写し

(ご注意)

 各費用に係る申請の期限は次のとおりです。

  • 教材費:購入日から1年を経過する日または購入した教材を使用する学年の年度末のいずれか早い日
  • 通学費:通学定期乗車券等の有効期限の日が属する年度の末日(有効期限が年度の末日を超える場合は翌年度の末日)

 なお、各費用に係る申請は、同一年度内の上限額に達するまで何度でも申請可能です。

申請方法

必要書類および印鑑をお持ちいただき、塩尻総合文化センター1階家庭支援課窓口で申請いただくか、申請書を記入の上、窓口までお越しください。
※申請書は家庭支援課窓口にもあります。
○制度の詳細については、下の制度案内チラシおよびQ&Aをご覧ください。

制度案内チラシ・Q&A

提出先

塩尻市こども教育部家庭支援課(塩尻総合文化センター1階)
〒399-0786塩尻市大門七番町4番3号

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)