ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > こども教育部 > 教育総務課 > 塩尻市辰野町中学校組合とは

本文

塩尻市辰野町中学校組合とは

ページID:0003687 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

塩尻市辰野町中学校組合の概要を紹介します。

塩尻市辰野町中学校組合とは

塩尻市辰野町中学校組合は、通学区が塩尻市(北小野地区)と辰野町(小野地区)にまたがる両小野中学校に関する教育事務を塩尻市と辰野町とで共同処理するために設置されています。
塩尻市とは別に議会や教育委員会等を開催し、塩尻市が管理市となって、両小野中学校の管理を行っています。

組合の執行機関

組合長、副組合長、会計管理者

塩尻市辰野町中学校組合規約により、組合長は塩尻市長が、副組合長は辰野町長が、会計管理者は塩尻市会計管理者が務めることになっています。

議会の議員

塩尻市辰野町中学校組合規約により、議員の定数は14人、その構成は次の表のとおりになっています。

議員の構成
選出区分 定数 選出方法
塩尻市議会議員 3人 塩尻市議会にて選出
辰野町議会議員 3人 辰野町議会にて選出
塩尻市北小野地区住民 4人 塩尻市長が塩尻市議会の同意を得て選出
辰野町小野地区住民 4人 辰野町長が辰野町議会の同意を得て選出

沿革

  • 昭和28年4月:筑摩地村立筑摩地中学校と小野村立小野中学校の両小野中学校への統合のため筑摩地村小野村中学校組合設立。
  • 昭和34年4月:筑摩地村の塩尻市への合併により塩尻市小野村中学校組合に名称変更。
  • 昭和36年4月:小野村の辰野町への合併により塩尻市辰野町中学校組合に名称変更し、現在に至る。

辰野町塩尻市小学校組合

辰野町塩尻市小学校組合は、両小野中学校と同様に通学区が辰野町(小野地区)と塩尻市(北小野地区)にまたがる両小野小学校に関する教育事務を辰野町と塩尻市とで共同処理するために設置されています。
辰野町が管理町となって、両小野小学校の管理を行っています。

関連情報