ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉事業部 > 健康づくり課 > 日本脳炎の接種について

本文

日本脳炎の接種について

ページID:0002830 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

※1期追加・2期について
供給量の減少のため、令和4年度に送付予定です。罹患リスクの高い地域へ転出等する場合は、お問い合わせください。

日本脳炎の流行期は夏で、日本脳炎ウイルスは西日本を中心に広い地域で確認されています。
日本脳炎は高い熱が出て脳炎を起こし、死亡したり、後遺症が残る場合があります。

平成23年5月20日に予防接種法施行令が一部改正され、平成17年度以降、積極的勧奨の差し控えにより接種が出来なかったお子さん(平成13年4月2日~平成19年4月1日生まれ)も、接種費用は無料です。
お子さんの年齢によって接種期間が異なりますので、下記の接種スケジュールをご確認ください。

平成13年4月2日から平成19年4月1日生まれのお子さんについて

接種期間

9歳から20歳の誕生日前日まで

接種スケジュール

1期として最初の年に6日から28日間隔で2回接種し、おおむね1年後に1回追加接種して基礎免疫をつけます。その後、1期の追加接種からおおむね5年の間隔をあけて2期(9歳から20歳の誕生日前日まで)として接種をします。

平成19年4月2日以降の生まれのお子さんについて

接種期間およびスケジュール

接種期間および接種スケジュール
  対象年齢 接種方法
第1期 3歳から7歳6か月の前日まで

6日から28日の間隔をおいて2回
2回目の接種終了後おおむね1年を
経過した時期に1回接種(追加)
合計3回

第2期 9歳以上13歳の誕生日前日まで

第1期追加(3回目)の接種終了後
おおむね5年を経過した時期に1回接種
合計1回

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?