ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活事業部 > 楢川支所 > 塩尻市プラットフォーム事業「ならかわ桜プロジェクト」について

本文

塩尻市プラットフォーム事業「ならかわ桜プロジェクト」について

ページID:0022278 更新日:2022年5月2日更新 印刷ページ表示
令和4年度塩尻市プラットフォーム事業を活用して、桜を元気に地域再生!「ならかわ桜プロジェクト」事業を展開していきます。

中山道贄川から奈良井までの街道沿線の現況を調査し、桜の樹勢回復作業や、老朽化の進む施設の改修はじめ、地域資源を磨き上げ、新たに開設するホームページで情報発信していきます。
贄川・平沢・奈良井地域が一帯となり世代を超えた連携と、令和4年度開校した楢川小中学校の学校活動(ならかわ大学)との連携により、地域への誇りや愛着心の醸成につなげていきます。
令和4年度塩尻市地域活性化プラットフォーム事業審査会提案資料

令和4年度さくらプロジェクトの主な活動内容

桜を元気にします

・テングス病など病気の桜の木を見つけます。
・病気になった桜の枝を払い、殺菌剤を塗布します。
・伐採枝を片付けます。
・新しい桜の苗を植樹します。

トイレを改修「おもてなしトイレ」を増やします

・原材料を手配し、建物をDIYで綺麗に再生します。
・和式トイレを洋式に改修します。
・おもてなしの心で飾り付けを行います。

案内サインの新設や改修を行います

・必要なポイントにサインを新設します。
・老朽化の進むサインを改修します。

素敵な風景を紹介します(Webサイト構築)

・綺麗な風景を旅人目線で見つけます。
・短歌で風景に心を盛り込みます。
・Webサイトを開設し、旅人に素敵な風景を発信します。

楢川小中学校(ならかわ大学)との連携

令和4年度新たに開校した楢川小中学校の学校活動「ならかわ大学」と連携し、開設するWebサイトにて情報発信していきます。
開設するWebサイトでは様々な情報を発信していきます。
現在プロジェクトメンバーにより作成中(8月公開予定)
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)