ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活事業部 > 生活環境課 > 塩尻市内の空間放射線の測定結果について

本文

塩尻市内の空間放射線の測定結果について

ページID:0003618 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

市内で実施した空間放射線の測定結果です。

塩尻市実施空間放射線測定について

東日本大震災に伴う原発事故を受け、塩尻市では平成23年10月12日よりシンチレーションサーベイメーターにて空間放射線測定の簡易測定を実施しています。最近は、年間被爆限度量1ミリシーベルトの時間換算値、毎時0.19マイクロシーベルトを下まわる毎時0.05~0.09マイクロシーベルトで人体には影響が少ない数値で推移しています。

測定頻度

塩尻市役所(屋上)月に1回
※令和2年度まで、市内各支所等(5地点)にて3箇月に1回の測定も実施

※長野県では、県内7箇所のモニタリングポストにより「空間放射線量」の常時観測(毎平日午前9時の値)をおこなっています。測定値については県のホームページを参照ください。

長野県のホームページ(測定結果)はこちら<外部リンク>

測定場所

市役所屋上

測定の高さ

地表から1メートルの高さで測定しています。ただし、市役所屋上は20メートルの高さになります。

測定結果

この測定結果から、健康に影響のない値です。

測定値
測定日 場所 時刻 測定値(μSv/h) 天候
令和3年11月24日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年10月25日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年9月24日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年8月24日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年7月26日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年6月23日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年5月25日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年4月21日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年3月16日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和3年2月17日 市役所屋上 9時00分 0.07
  北小野支所 10時10分 0.06
  片丘支所 10時40分 0.08
  吉田支所 11時00分 0.07
  楢川支所 13時40分 0.06
  洗馬支所 14時20分 0.05
令和3年1月15日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年12月16日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年11月12日 市役所屋上 9時00分 0.07
  北小野支所 10時00分 0.06
  片丘支所 10時35分 0.08
  吉田支所 10時55分 0.06
  楢川支所 13時50分 0.06
  洗馬支所 14時35分 0.05
令和2年10月15日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年9月16日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年8月20日 市役所屋上 9時00分 0.07
  北小野支所 9時40分 0.06
  片丘支所 10時15分 0.07
  吉田支所 10時35分 0.06
  楢川支所 13時45分 0.06
  洗馬支所 14時20分 0.05
令和2年7月17日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年6月12日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年5月12日 市役所屋上 9時00分 0.07
  北小野支所 10時20分 0.06
  片丘支所 11時25分 0.08
  吉田支所 14時15分 0.07
  楢川支所 15時40分 0.06
  洗馬支所 14時50分 0.05
令和2年4月22日 市役所屋上 9時00分 0.07
令和2年3月12日 市役所屋上 9時00分 0.08
令和2年2月14日 市役所屋上 9時00分 0.07
  北小野支所 9時40分 0.06
  片丘支所 10時20分 0.08
  吉田支所 10時35分 0.06
  楢川支所 14時20分 0.06
  洗馬支所 15時00分 0.04
令和2年1月15日 市役所屋上 9時00分 0.08

備考:測定値の単位はμSv/h(毎時マイクロシーベルト)で1時間あたりの値を示しています。

参考

  • 長野市で実施している空間放射線量の常時監視における過去の平常値(平成18年4月から平成23年2月までの測定値)は毎時0.030~毎時0.097マイクロシーベルトの範囲であり、今回の測定値はこれと変わりありません。
  • 宇宙や大地からの放射線量は地域によって異なります。たとえばマグマが冷えて固まった花崗岩が多い地域では放射線量が高くなることが知られています。
  • 測定値(毎時0.08マイクロシーベルト)から、文部科学省が福島県に示した積算方法で試算した年間積算量は、0.42ミリシーベルトとなります。
    国際放射線防護委員会の勧告では、平常時における自然放射線以外の公衆の被爆限度量は年間1ミリシーベルト(1000マイクロシーベルト)とされています。
    (計算方法)
    文部科学省が福島県の学校での対応基準を検討する際の年間積算量の計算方法
    (屋外8時間、屋内16時間、屋内での被爆量は屋外の40%)により計算をしました。
    ​(毎時0.08マイクロシーベルト×屋外8時間×365日)+(毎時0.08マイクロシーベルト×40%×屋内16時間×365日)=年間420マイクロシーベルト=年間0.42ミリシーベルト
  • 空間放射線測定機器の点検校正により、次の期間は測定を行っていません。
    • 平成25年9月18日から11月8日まで
    • 平成27年9月11日から10月20日まで
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?