ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建設事業部 > 都市計画課 > 市政への意見・提案回答(緑化協定、都市計画、避難所について)

本文

市政への意見・提案回答(緑化協定、都市計画、避難所について)

ページID:0035034 更新日:2023年9月20日更新 印刷ページ表示
【意見・提案】

塩尻市道八幡原児童公園通南線は美しく快適な街を目指す緑化協定に基づいて、南側の歩道には31か所の街路樹等を植える場所がありますが、現在31か所中24か所は街路樹が無く、大変悲しい状態です。

また八幡原公園は塩尻市内にある32か所の都市公園の一つであり指定緊急避難場所ですが、インターロッキングブロック舗装部分の起伏が大きく、車いす、ベビーカー等は通行が大変です、また災害時の指定緊急避難場所として使用する時には転んでケガをする危険があると思います。

土地区画整備事業で緑を豊かに育てて安全な環境の維持、保全をして欲しいと思います。

 

【回答】


はじめに、市道八幡原児童公園通南線の街路樹につきましては、街路樹は緑化や環境保全、火災時の対策など様々な良い効果がある一方、樹木が成長したことで横断歩道や接続道路との視界が遮られてしまうこと、宅地への落ち葉の吹き込みなど、周辺住民の皆様に負担がかかってしまうことなどもあり、慎重に対応しているところでございます。

市といたしましては、積極的に緑化を推進する立場ではございますが、地元区に相談する中で、今後について検討して参りたいと考えております。

 

次に、八幡原公園のインターロッキングブロック舗装につきましては、近接樹木の根がインターロッキングブロック舗装を持ち上げ、起伏が生じている状態を確認しました。

公園内施設の修繕に関しましては、日々様々なご意見・ご要望が寄せられることから、限られた予算の中で全ての事案に対して対応していくことが難しい状況です。このため、毎年各地区から市へ提出していただく「地区要望」において、公園や道路等の修繕要望に優先順位を付して要望をあげていただいており、その要望に基づいて公園内施設の修繕箇所を決定しております。誠に恐縮ですが、本件におきましても地区要望として計上していただきたくお願い申し上げます。

地区内での要望の取りまとめ方法は各地区で異なりますので、常会長や区役員へお問い合わせください。

 

なお、遊具等の故障など、即座に事故や怪我の恐れのある事案につきましては、随時対応しておりますことを申し添えます。