このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

【参加者募集】課題設定力を磨く~クリティカルシンキング研修~

最終更新日:2020年6月30日

 地域やまちづくりにおける課題は複雑化する一方、その解決には、官民での連携が求められています。塩尻市は、いち早く官民連携による課題解決に取り組んでおり、MICHIKARA地方創生協働リーダーシッププログラムを過去5回開催。課題を抱えるリアルなフィールドで自分の限界を超え、民間企業のリーダーと市職員がともに本気で課題解決に挑んできました。
 官民連携においてまず大切なのが「自治体が課題をオープンにする」ことと考え、そのために何よりも大切なのが「仕様書を作成する」ことです。各テーマの期待成果や前提条件を明示する「仕様書」を自治体が作成し、目指す成果を具体的にイメージすることにより、課題の焦点を明確に提示します。
 そこで今回、この課題解決スキームを全国の自治体にも波及すべく、総務省からモデル団体として採択され事業実施していく「関係人口創出・拡大事業」のキックオフイベントに、クリティカルシンキング研修を実施いたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。MICHIKARA地方創生協働リーダーシッププログラムがグッドデザイン賞を受賞しました!

概要

日時:2020年7月17日(金曜日)午前9時から正午まで
講師:株式会社チェンジウェーブ代表 佐々木 裕子
会場:zoom ※次の「申込・イベント詳細ページ」からPeatix申込の方に個別に御連絡します。
対象:地方自治体職員、地方創生に興味のある民間企業、個人
費用:無料

申込・イベント詳細ページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://shiojiri-meguru001.peatix.com/view

プログラム内容

本研修では、「仕様書作成マニュアル」に沿って、下記のテーマを明確化するための思考プロセスや言語化のためのノウハウを学ぶことができます。
・期待成果(いつまでに?どのレベルで?何のために?)
・課題設定(今と目指す姿のギャップは?)
・具体的アクション(参加者に提案してほしいことは?)
・現状把握(必要な調査、フィールドワーク、事実を整理する)

こんな方におすすめ!

・官民連携による課題解決に関心がある
・自治体職員だけで地域課題を解決していくことに限界を感じている
・民間企業とどのように連携をしてよいかわからない

お問い合わせ先

地方創生推進課
電話:0263-52-0714 ファクス:0263-52-1158

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ