ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり令和2年3月号テキスト版 8ページから9ページ

本文

広報しおじり令和2年3月号テキスト版 8ページから9ページ

ページID:0002006 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

広報しおじり2020年3月号テキスト版8ページから9ページがご覧になれます。

Photo News フォトニュース

まちの話題をお届けします

1月25・28日 企業と連結協定を締結

1月25日 森林グランドサイクルの創出に向けた地域連携協定 市民交流センター「写真」

 株式会社竹中工務店と協定を締結。信州Fパワープロジェクトと連携しながら、木材の供給体制の確立やバイオマス発電事業、奈良井宿を活用したまちづくり事業の展開などを行っていきます。

1月28日 自動運転技術の実用化に向けた包括連携協定 塩尻インキュベーションプラザ「写真」

 アルピコホールディングス株式会社、一般財団法人塩尻市振興公社、アイサンテクノロジー株式会社、株式会社ティアフォー、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、KDDI株式会社の6社と協定を締結。自動運転の実証実験を通して、地域交通課題の解決につながるさまざまなサービスモデルの構築を目指します。

1月18・25日 3Dプリンターで工作体験

塩尻市ずく塾「3Dプリンター体験講座」 市民交流センター「写真」

 親子で3Dプリンターを使った工作に挑戦。車の外装を自分たちでデザインし、3Dプリンターで出力。完成後には、自作の車でレース大会を行い、盛り上がりました。

1月26日 自分と向き合うことの大切さを力説

てらすとーく講演会「メンタルの重要性 大事な場面で実力を発揮するために」 広丘公民館「写真」

 サッカー年代別日本代表や松本山雅FCのJ1昇格などの経験をしてきた飯尾和也さんが、自分と向き合うことの大切さを自身のサッカー人生に重ねながら講演しました。

2月2日 全力でかるた取りに挑む

第25回短歌の里百人一首大会 原新田公民館「写真」

 市内外の子どもから大人まで、初心者・有段者など70人が参加したかるた大会。競技かるたの部では、緊迫した雰囲気の中、素早い動きでお互いに札を取り合いました。

2月7・8日 ひと足早い春を楽しむ

南伊豆町訪問市民号 静岡県南伊豆町「写真」

 姉妹都市の南伊豆町を巡るツアー。八分咲きの河津桜や、伊豆半島最南端の石廊崎など、参加者はひと足早い春の陽気を楽しんでいました。

2月2日 高校生の起業アイディア集う!

高校生起業家育成プログラム「UP! SHIOJIRI(アップシオジリ)」 塩尻インキュベーションプラザ「写真」

 高校生を対象とした、起業への関心を高めてキャリア選択の幅を広げてもらうイベントに、県内外から約50人が参加しました。
 高校在学中に事業を始めた西口茉莉花さんの講演のほか、参加者のうち個人・団体13組が各自の取り組みをプレゼン。ワークショップでは、プレゼン発表した内容に磨きを掛けました。
 また、特別講演では、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を開発した吉藤オリィさんが登壇。高校生だけでなく、大人も熱心に耳を傾けていました。

表紙の写真

2月3日 奈良井宿アイスキャンドル祭り

「写真」奈良井宿の冬の風物詩。
 今年は、記録的な暖冬でアイスキャンドルの製造が難しく、一部は竹灯篭などを使いました。それでも、宿場沿いに並んだキャンドルが織りなす幻想的な風景は、今年も訪れた観光客を魅了しました。