ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり令和元年12月号テキスト版 11ページ

本文

広報しおじり令和元年12月号テキスト版 11ページ

ページID:0001970 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

広報しおじり2019年12月号テキスト版11ページがご覧になれます。

生活や就労でお困りの人を支援します

問い合わせ

  • 福祉課生活支援係 電話0263-52-0280 内線2113
  • 塩尻市生活就労支援センター(まいさぽ塩尻)電話0263-52-0026 ファクス0263-52-0067
    生活や就労などでお困りの人の支援機関である塩尻市生活就労支援センターを紹介します。

塩尻市生活就労支援センター「まいさぽ塩尻」(市保健福祉センター1階)「写真」

「イラスト」働きたくても働けず生活が苦しい…
「イラスト」離職して住むところがなくなりそう…

課題整理と解決に向けた支援

まずはお困りごとをお聞かせください。まいさぽ塩尻が一緒に考え、課題の整理をし、解決のお手伝いをします。(関係機関への同行、連絡調整など)また、ご家族など周りの人からの相談も受け付けます。

就労相談支援

就労に向け、ハローワークと連携をしながら支援をします。

家計相談支援

お金の使い方についての助言をします。ライフイベント(進学や結婚、葬儀など)に応じた貯金や、定時の支払い(税金や保険代、車検代など)が滞らないようなお手伝いをします。

貸付利用支援

一時的にお金がないなどの理由で、生活費が不足している人などに貸付窓口を紹介します。(返済のめどが立つ人のみ)また、返済が無事終わるように、生活状況を見ながら支援をします。

住居確保支援

離職者であって、就労能力および就労意欲のある人のうち、住宅を喪失する恐れのある人または喪失している人を対象として、家賃費用を有期で給付します。ただし、給付を受けるためには、要件があります。

食糧支援

食べるものに困っている人に対して、市民の皆さんなどから食糧のご寄附をいただき、提供します。

「フードドライブ」を行います

フードトライブとは、家庭で余っている食品を持ち寄り、寄附する活動です。「自分の家では食べないもの」や、「量が多すぎて消費しきれないもの」をお寄せください。
「イラスト」

寄附していただきたい食品

  • 賞味期限が1カ月以上あり、常温で保存できる食品(生鮮食品以外)
  • 未開封のもの
  • お米は古米まで(未精米可)
    例 カップラーメン、レトルト食品、ふりかけ、インスタント食品、海苔、缶詰、佃煮、乾麺(そうめん、うどん)など「イラスト」

開催日時および場所

  • 日時
    12月16日月曜日 午前10時から午後1時
    12月17日火曜日 正午から午後3時
  • 場所 市保健福祉センター1階正面特設ブース
    ※上記開催日以外にも、食品を直接まいさぽ塩尻へお持ちいただくこともできます。(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)