ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり平成30年12月号テキスト版14ページから15ページ

本文

広報しおじり平成30年12月号テキスト版14ページから15ページ

ページID:0001811 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

広報しおじり2018年12月号テキスト版14ページから15ページがご覧になれます。

みんなの広場

さわやかくん 中村 英樹さん(原新田)「写真」

人との輪を大切に

今は何を

 市外の飲食店に就職して2年目になります。高校生の時にアルバイトで経験していたこともあり、ホールからキッチンの業務まで幅広く担当させてもらっています。また、店長補佐として、人材育成や、さまざまな調整なども行っています。

仕事のやりがいは

 常連の人や、お子さんなどが自分のことを覚えてくれたり、声を掛けてくれたりすることが多くなりました。人の輪が広がっていくことがとてもうれしく、やりがいを感じています。

学生時代は何を

 小さい頃、人見知りで友達と上手に関われなかった私に、変わるきっかけをくれた先生に憧れて、短大で保育士や幼稚園教諭の資格を取得しました。

今後の目標は

 挑戦したいことがたくさんあります。その一つに、持っている資格を活用して、何らかの形で子どもに関わっていきたいと夢を膨らませています。

HELLOなかまたち

楽しい絵手紙ほのぼの会

交流を深めながら絵手紙を楽しむ「写真」
 楽しい絵手紙ほのぼの会は、月に1度、絵手紙を描いて楽しむサークルです。平成11年に結成し、現在は9人で活動しています。
 代表の渡辺さんは「講師の先生に技法などを教えてもらって、学びながら絵手紙を楽しんでいます。メンバー同士コミュニケーションを取り合ってそれぞれの作品からも学べるのがうれしいです。また、ただ描くだけでなく、毎回違った手法や道具を使うため、次は何をやるのかなと楽しみです。」と語ってくれました。
 この日も、和気あいあいとした中、時には集中し、秋を感じさせる果物や野菜をそれぞれの思いとともにはがきへ書き留めていました。「写真」

  • 活動日 毎月第4金曜日
  • 活動場所 塩尻総合文化センター
    問い合わせ 星山さん(講師) 電話026-244-1377

一生懸命 木下 喜良(きよし)さん(吉田四区)「写真」

そば打ちを通して地域を元気に

現在は何を

 NPO法人「信州そばアカデミー」の副理事長として、そば打ちの講習会やイベントなどの活動を積極的に展開しています。

そば打ちを始めたきっかけは

 商店街の役員として、地域の皆さんに「手づくりで感謝を伝えたい」という思いから、そばを打って振る舞ったことがきっかけです。

そば打ちの魅力は

 そば打ちは難しく、何度も練習を重ねました。打ったそばを食べてくれた人に「おいしい」と言ってもらうたびに、もっと上手にそばを打ちたいという思いが湧き上がり、また「上手になった」と声をもらう。その繰り返しこそが、そばに魅了された理由の一つです。

今後の目標は

 そば打ちを通して「地域」、「仲間」そして「自己」をつくっていきたいという強い思いがあります。また、住みたくなる街を目指して、さらに塩尻を元気に、そしてそば打ちの文化を継承していきたいです。

今月のつぶやき

KID NOWs キッズなう 吉田原保育園のみんな

「冬休みは何したい?」


雪だるまを作りたいな
とうかちゃん 5歳「写真」

ディズニーランドに行きたいよ
せれちゃん 4歳「写真」

雪遊びがしたいな
みのりちゃん 5歳「写真」

そりで遊びたい
りょうじくん 5歳「写真」

クリスマスリースを作りたい
ゆうしんくん 4歳「写真」

雪だるま!
るいくん 5歳「写真」

今月の一冊

市立図書館職員おすすめの1冊を紹介します

スノードームの世界 ウィンターコレクション「写真」

ものづくりクラブ/著
ほるぷ/出版
 透明な容器の中を液体で満たし、動かすと中のミニチュアに雪のようなパウダーがキラキラと舞う、冬をモチーフにしたスノードーム。この本は、そんなスノードームの写真や作り方が書かれています。
 前半は、スノーマンやサンタなどのスノードームをカラー写真で紹介。後半には、空き瓶やタンブラーを使ったスノードームの作り方が書かれています。皆さんも、自分だけのスノードームを作ってみませんか。

登場者を募集中!
新婚さん、めおと人生、さわやかさん、さわやかくん、何かに一生懸命打ち込んでいる人など、ご登場いただける人を募集中です。自薦他薦は問いません。
連絡先 秘書広報課広報広聴係 電話0263-52-0280 内線1315