ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり平成30年9月号テキスト版16ページから17ページ

本文

広報しおじり平成30年9月号テキスト版16ページから17ページ

ページID:0001777 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

報しおじり2018年9月号テキスト版16ページから17ページがご覧になれます。

Photo News フォトニュース

8月4日 爽やかな高原を競走馬が駆ける「写真」

第65回高ボッチ高原観光草競馬大会 高ボッチ高原

 日本一標高の高い競馬場で開催される毎年恒例の草競馬大会が今年も開催され、約3,500人の観客が訪れました。
 レースには66頭のポニーや競争馬が出走し、砂煙を上げながら観客の目の前を馬が疾走していく迫力あるレースを展開しました。
 また、子どもたちが馬車に乗って場内を回る「ちびっこ馬車」や、小動物とふれあえる「動物ふれあいコーナー」などもあり、大人も子どもも夏のひとときを楽しんでいました。

7月22日 協働による課題解決を提案「写真」

MICHIKARA(ミチカラ)最終報告会 グレイスフル塩尻

 行政と民間企業・団体の協働により課題を検討し、地方創生につなげる取り組み「MICHIKARA(ミチカラ)」。その最終報告会が行われ、さまざまな課題解決に向けた提案がなされました。

7月27日 15人のファイナリストの中からグランプリが決定「写真」

2018ミス・ワイン日本大会 レザンホール

 日本ワインの魅力を世界に発信するミス・ワインのグランプリを決める日本大会が開催され、グランプリには、群馬県出身の柴田美里(みり)さんが選ばれました。

8月3日 地域の担い手を結びつける拠点施設が本格オープン「写真」

スナバオープン記念イベント スナバ

 シビック・イノベーション拠点「スナバ」のオープン記念イベントが開催。会場では、異業種の人たちが交流し、積極的に意見交換を行なっていました。

8月12日 日常で利用している科学を楽しく学ぶ「写真」

えんぱーくサイエンスイベント 市民交流センター

 生活で利用している自然の力を科学実験の応用で楽しく学ぶイベント。茶色い水があっという間に透明になる実験などが紹介され、来場者から驚きの声が上がっていました。

8月1から4日 塩尻市発祥のグルメを堪能「写真」

しおじり山賊焼サマーフェスタ2018 塩尻駅前広場

 塩尻市発祥のグルメである山賊焼を多くの人に楽しんでもらうイベントが開催され、4日間で約6,000人が来場しました。
 会場には山賊焼の香ばしい香りが漂い、親子連れや仕事帰りに会社の仲間たちで訪れる人など多くの人でにぎわい、「しおじり山賊焼の会」の各店が出店した屋台には行列ができていました。
 また会場のステージでは和太鼓やジャズの演奏なども行われ、来場者は暑い夏のひとときを楽しんでいました。

表紙の写真

8月17日 小坂田公園納涼花火大会「写真」

 塩尻の夜空を華やかに彩る夏の風物詩として人気の花火大会が開催され、スターマインなど約1,000発の花火が打ち上げられました。
 会場に集まった約6,500人の観客は、花火が打ち上がると大きな歓声を上げ、夏の最後のイベントを楽しんでいました。