ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり平成29年12月1日号テキスト版12ページから13ページ

本文

広報しおじり平成29年12月1日号テキスト版12ページから13ページ

ページID:0001687 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

広報しおじり2017年12月1日号テキスト版12から13ページがご覧になれます。

Photo News フォトニュース

10月21日 保育士の卵が企画する1日保育園

えんぱー保育園 市民交流センター「写真」

 保育士を目指す松本短期大学幼児保育学科の学生の皆さんが考えた「遊び」を体験できるイベント。今回はジュニアリーダーの子どもたちもコーナーを企画しました。
 会場には、ペットボトルにストローやビーズなどを詰めて楽器を作るコーナーや、一緒に踊りも楽しめるイクメンジャーショーなど全部で11のコーナーを設けました。普段家庭でできない遊びを体験した多くの親子連れに、笑顔が広がっていました。

10月24日 日頃の練習の成果を大舞台で発表

塩尻市友愛クラブ連合会芸能サークル発表大会 レザンホール「写真」

 地区ごとの老人クラブで結成するサークルや個人が活動の成果を発表。この日に向けて練習を重ねた歌や踊りに、会場からは盛大な拍手が送られました。

10月28日 合言葉は「トリックオアトリート」

ハッピーハロウィーンinしおじり2017 大門商店街「写真」

 今年で21回目を迎えたハロウィーンイベント。あいにくの雨にもかかわらず、会場となった大門商店街は、人気のキャラクターなど個性あふれる仮装をした人々でにぎわい、仮装コンテストやパレードなどが行われました。
 子どもたちは、「トリックオアトリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」の合言葉を唱えながら商店街を歩き回り、ハロウィーンの雰囲気を楽しんでいました。

10月29日 憧れのサッカー選手と対面

松本山雅FCホームタウンデー アルウィン「写真」

 松本山雅FCとFC岐阜の試合が「ホームタウンデー」として開催され、試合に先立って行われたサイン会では、子どもたちが憧れの選手との対面に胸を躍らせていました。

11月1から3日 芸術と文化に触れる恒例イベント

市民文化祭 レザンホール、総合文化センター、市立体育館「写真」

 今年も盛大に開催された市民文化祭。展示発表や舞台発表のほか、山野草の寄せ植えなどの実演・体験コーナーもあり、見て、触れて、芸術文化の魅力に浸る3日間でした。

11月5日 華やかな行列が観客を魅了

皇女和宮御下向行列 奈良井宿「写真」

 江戸時代末期に皇女和宮が14代将軍徳川家茂にこし入れするため、江戸へ下向行列を行った様子を再現。約70人で編成された華やかな行列が宿場町を練り歩きました。

表紙の写真

11月12日 紅葉の釜井庵で短歌を詠もう「写真」

 歌人で紀行家の菅江真澄ゆかりの地である釜井庵で、短歌に親しむ催しが開催されました。文芸しおじり編集長の南澤豊美さんの指導により短歌づくりの基本を学んだ後、参加者は晩秋の美しい紅葉をめで、本洗馬を巡る歴史に思いをはせながら歌を詠んでいました。