ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり平成29年4月1日号テキスト版8から9ページ

本文

広報しおじり平成29年4月1日号テキスト版8から9ページ

ページID:0001615 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

広報しおじり2017年4月1日号テキスト版8から9ページがご覧になれます。

Photo News フォトニュース

まちの話題をお届けします。

2月17日 ワインとフレンチを堪能できる人気のイベント「写真」

ワインと語る夕べ フェリスクレール
 市内9ワイナリーと1校で醸造されたワインとともに、創作フレンチを楽しむイベント。今年は県内外から200人を超える応募があり、抽選で選ばれた91人が参加しました。
 会場では、各ワイナリーの担当者と市民ボランティアの塩尻観光ワインガイドの皆さんが、ワインの紹介やサービスを行い、塩尻産ワインの魅力を伝えていました。
 参加者は、ワインとフレンチのマリアージュを堪能しながら楽しいひとときを過ごしていました。

2月23日 家庭で役立つ片付けスキルを学ぶ「写真」

これから働くママのための家事時短・片付け術 初級編 市民交流センター
 片付けスキルと家庭教育の知識を身に付ける講座。お弁当箱を使って日ごろの整理整頓の癖に気付く体験では、「戻しやすい環境にする」という収納の基本を学びました。

3月5日 思いを込めてつるを編み込む「写真」

ツルかご作り 平出遺跡公園ガイダンス棟
 木のつるを使って籠を作る講座を開催しました。参加者は、「どんな花を飾ろうかな」などつる籠の活用方法に思いをはせながら丁寧に編み、約2時間かけて完成させました。

3月5日 カップに広がる自分だけの光の世界「写真」

てくてくえんぱーく「光のアクアリウムを作ろう」市民交流センター
 カップの中を飾り付け、アクアリウムを作る講座。参加した子どもたちは、想像力を膨らませながら、海や宇宙など思い思いの世界をカップの中に詰め込んでいました。

3月11日 いざという時の救命法を身に付ける「写真」

普通救命講習会 塩尻消防署
 応急手当に関する知識・技術を習得する講習会が開催され、28人が参加しました。受講者は、いざという時に備えて、救命処置の手順などを真剣な表情で確認していました。

3月12日 木から紙ができるって本当?「写真」

 ちょこっと理科読 木のとびら集大成スペシャル 市民交流センター
 おはなし会や、和紙の紙すき体験を通して木と和紙に親しむ催しに、23人の小学生が参加しました。
 紙すき体験では、大町市にある信州松崎和紙工業の皆さんを講師に迎え、カエデやツツジなどの木の葉や色とりどりの花を飾って、はがきサイズの和紙を作りました。木を原料にして紙を作るという初めての体験に、子どもたちは興味津々。講師の指導の下、好みの木の葉や花を紙にすき込み、オリジナルの和紙を夢中になって作りました。

表紙の写真

3月11日 地酒と手打ちそばを味わう会「写真」
 市内にある酒蔵の新酒や特別酒、大吟醸を飲み比べながら、創作料理と手打ちの「信州ひすいそば」を味わうイベントが開催。バンド演奏や木遣り唄が披露されたほか、地酒などが当たる抽選会も行われ、おいしい地酒やそばとともに参加者を楽しませていました。