ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 秘書広報課 > 広報しおじり平成29年6月1日号テキスト版10ページから11ページ

本文

広報しおじり平成29年6月1日号テキスト版10ページから11ページ

ページID:0001592 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

広報しおじり2017年6月1日号テキスト版10から11ページがご覧になれます。

年に一度の特定健診で健康な毎日を

問い合わせ 健康づくり課健康企画係 直通電話0263-52-0854
 食生活の乱れなど、日頃の生活習慣によって引き起こされる「生活習慣病」は、命に関わる病気につながりかねません。
 健康な毎日を送るために、年に一度は特定健診を受けましょう。

日頃の生活習慣の積み重ねが引き起こす病

 特定健診は、メタボリックシンドロームをはじめ、高血圧症や脂質異常症などの生活習慣病の発症や、重症化を防ぐことを目的とした健診です。生活習慣病は、日頃の食べ方や体の動かし方などの生活習慣により、動脈硬化が進行して起こる病気です。また、進行するまで自覚症状がないものが多く、自覚症状が出た時には、脳梗塞や、狭心症などの虚血性心疾患といった重症化した病気にかかっていることがほとんどです。
 生活習慣病が重症化すると、本人や家族の心身の負担が大きくなるだけではなく、医療費も高額になります。定期的に特定健診を受けることで、早い段階で病気の芽を発見し、重症化を予防できるとともに、医療費の軽減にもつながります。

年に一度は特定健診の受診を

 平成27年度の市国保特定健診の結果をみると、生活習慣病の要因となるLDL(エルディーエル)コレステロールの値から、生活の見直しと、医療機関への受診が必要な人が、4人に1人いることが分かりました。「自覚症状がないから大丈夫」と思い込まず、年に一度は特定健診を受け、健康な毎日につなげてみませんか。健診内容などの詳細は次のページをご覧ください。

(図1)生活習慣病の発症と重症化への流れ

健診で発見!
食べ過ぎ・運動不足などの生活習慣 LDL コレステロール120から130以下(そろそろ生活を見直す段階)

内臓脂肪蓄積など LDL コレステロール120から130以下(そろそろ生活を見直す段階)

生活習慣病の発症 高血圧症・脂質異常症など LDL コレステロール140以上(生活の見直し、治療の段階)

動脈硬化の進行 LDL コレステロール140以上(生活の見直し、治療の段階)

生活習慣病の重症化 脳梗塞・虚血性心疾患など

(表1)特定健診の受診の有無と医療費の関係

生活習慣病の1カ月あたりの医療費(1人分)

診受診者 6,769円
健診未受診者 36,417円
この差約5.4倍
(参照)27年度市国保特定健診結果および国保レセプト情報

29年度塩尻市国保特定健診などのお知らせ

長野県国保マスコットキャラクター コクホ3兄弟「イラスト」

塩尻市国保特定健診

集団健診

対象 25から74歳の市国民健康保険加入者(昭和17年10月1日から平成5年3月31日に生まれた人)
時期 8月から平成30年1月
場所 各保健福祉センター、各支所、高出地区センター
料金 500円 今年度から料金を引き下げました
問診票など 29年8月に、ピンク色の封筒で集団健診用の問診票を発送
健診内容 診察、問診、身体測定、血圧測定、血液検査、検尿、心電図※心電図は、25から29歳の人を除きます。※28年度の結果に応じて、眼底検査を実施する場合があります。
健診結果 受診日から1カ月半から2カ月を目安に、結果相談会を開催し、結果をお渡しします。※郵送または訪問などで、結果をお渡しする場合もあります。

医療機関健診

対象 25から74歳の市国民健康保険加入者(昭和17年10月1日から平成5年3月31日に生まれた人)
時期 6から9月
場所 市指定医療機関(市指定医療機関 参照)
料金 500円 今年度から料金を引き下げました
問診票など 29年5月に、ピンク色の封筒で医療機関健診用の問診票と受診券を発送※昨年までは緑色の封筒でした。
健診内容 診察、問診、身体測定、血圧測定、血液検査、検尿、心電図※心電図は、25から29歳の人を除きます。※28年度の結果に応じて、眼底検査を実施する場合があります。
健診結果 受診日から1カ月半後を目安に、郵送または訪問などで結果をお渡しします。

市指定医療機関(50音順)

赤羽医院
今井医院
桔梗ヶ原病院
広仁堂医院
こしはら内科クリニック
こまくさ野村クリニック
しいな医院
塩尻協立病院
塩尻市国保楢川診療所
塩尻病院
塩原整形外科
清水外科胃腸科医院
たなべ泌尿器科クリニック
種山医院
田村内科医院
中村病院
中山外科内科
奈良井医院
ひろおか上條クリニック
ひろおかさくらレディ-ス
ウィメンズクリニック
ふるや内科クリニック
穂苅整形外科
リウマチクリニック
松本歯科大学病院
三澤医院
緑ヶ丘青木医院
百瀬医院
横山内科医院
三村医院(朝日村)
両小野診療所(辰野町)
※上記医療機関に通院中の人は、その医療機関で受診できます。

生活習慣病予防健診

 後期高齢者医療保険加入者を対象に、各地区で行う「集団健診」と市指定医療機関で行う「医療機関健診」を実施します。申し込み方法などの詳細は、お問い合わせください。

人間ドック受診者に補助金を交付します
  • 対象者 市国民健康保険加入者(35から74歳)および後期高齢者医療保険加入者
  • 補助額
    • 日帰り 1万5千円
    • 1泊2日 2万円
    • 脳ドック 1万円
  • 問い合わせ先
    • 市国民健康保険加入者 市民課国保年金係(直通電話0263-52-0772)
    • 後期高齢者医療保険加入者 健康づくり課健康企画係(直通電話0263-52-0854)

※29年度に、市国保特定健診または生活習慣病予防健診を受診した人の申請は、ご遠慮ください。

研究のための歯科健診(無料)などにご協力ください

 歯周病と全身健康状態との関連を調査するために、信州大学と共同で集団健診会場にて歯科健診と唾液検査を実施します。受診にぜひご協力ください。