ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生涯学習部 > 社会教育スポーツ課 > インディアカ

本文

インディアカ

ページID:0003996 更新日:2021年6月29日更新 印刷ページ表示

インディアカについての紹介ページです

インディアカボールの写真

インディアカは、旧西ドイツのスポーツ教師カールハンス・クローン(KarlhansKrohn)氏によって考案されました。
羽根の付いた特殊なボール(「インディアカボール」と呼びます。)を打ち合う、バレーボールタイプのスポーツです。ラケットなどを用いずに直接手で打ち合うことも大きな特徴です。

ボールに付いている羽根は、小さいボールの滞空時間を長引かせることと、ボールをねらった方向にまっすぐにとばすことができる両面の作用があります。

したがって、意図した方向に正確に、ゆっくりと飛ばすことも、速いスピードで飛ばすこともできます。しかも直接手で打つために、よりコントロールしやすく扱いやすいという特長があります。特に羽根によってスピードが緩和されることは、たとえボールに不慣れな初心者であっても、恐怖心を覚えずにプレーに加わることができるという、初心者に優しいスポーツです。

難易度:3(小学校高学年以上)
人数:8人から

貸出可能な用具

  • インディアカボール(赤い羽根つきボール)・・・13個

ニュースポーツ一覧へ

各種ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)