ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉事業部 > 福祉課 > 新型コロナウイルスへの対応に伴う障害福祉サービス等の臨時的な取扱いについて

本文

新型コロナウイルスへの対応に伴う障害福祉サービス等の臨時的な取扱いについて

ページID:0002748 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

生活介護・就労継続支援・児童発達支援等通所支援サービスの取扱いについて

「新型コロナウイルス感染症に係る障害福祉サービス等事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第4報)」(令和2年4月9日付け厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)に基づき、障害福祉サービス等の提供の継続性の観点から、事前に市村へ届出を行い、利用者の居宅等において健康管理や相談支援等のできる限りの支援の提供を行った場合は、通常のサービスと同等のサービスを提供しているものと認め、報酬請求の対象とすることとなっています。これに関し、松本障害保健福祉圏域8市村は、取り扱いが異なることによる混乱を避けるために、共通の方法で行うこととしました。

届出様式

対象事業

通所系サービス(就労移行、就労継続支援A型、B型事業所、生活介護等)
施設入所
共同生活援助
児童発達支援
放課後等デイサービス