ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉事業部 > 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進室 > ワクチンパスポートについて

本文

ワクチンパスポートについて

ページID:0008726 更新日:2021年10月20日更新 印刷ページ表示

ワクチンパスポート

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)は、海外渡航の予定があり、各国入国時の防疫措置の緩和等のため、接種証明書の提示を求められた場合に提示するものになります。
接種証明書の提示で、あらゆる国や地域との防疫措置が緩和された状態で往来可能となるものではありません。最新の状況は、外務省ホームページでご確認ください。

外務省海外安全ホームページ<外部リンク>

※国内においては、接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」または、「新型コロナワクチン接種記録書」をもって、接種済であることを示すことができます。

対象者

海外渡航の予定があり、新型コロナワクチン接種時に本市に住民登録のある人
※ただし次の理由によりワクチンを接種した人(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた人)は、本市のワクチンパスポート発行対象者になりません。

  • 在外日本人一時帰国者(本市で接種券を発行した場合を除く)
  • 米軍接種を受けた在日米軍従事者
  • ワクチンの輸入等により接種をした者
  • 国内治験参加者

申請受付・発行方法

窓口での申請または郵送申請により受付とします。なお、どちらの場合も、証明書は後日現住所(住民票上の住所)宛ての郵送にて交付させていただきます。
証明書の郵送については受付から1週間程度かかる見込みです。(接種記録の確認等に時間を要するため)

窓口

塩尻市保健福祉センター2階新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進室

郵送先

〒399-0786
塩尻市大門七番町3番3号
塩尻市役所新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進室ワクチンパスポート担当宛

必要書類

予防接種証明書交付申請書

申請書の様式については、予防接種証明書交付申請書をご確認ください。

旅券(パスポート)

※旅券の有効期限が切れている場合は、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定がある場合は、更新後の旅券の御提出が必要になります。(接種証明書に旅券番号が記載されるため)

接種券・接種済証(臨時)または接種記録書

※接種済証(臨時)は、お送りした接種券の右側部分になります。ワクチン接種後にワクチンのロット番号のシールと接種した場所・接種日が記載されています。

接種済証明書(イメージ)

接種済証明書画像

※接種記録書は主に医療従事者の方等、市で発行した接種券を使用せずにワクチン接種をした場合に交付されています。

接種記録書(イメージ)

接種記録書画像

本人確認書類(住民票上の住所が記載されたもの)

マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等。住民票上の住所の記載があれば旅券も可

返信用封筒と切手(84円から)

返信用封筒には宛名と切手の貼付をお願いします。速達等希望される場合は、切手を追加いただければ対応可能です。

場合によって必要になるもの

旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類等

※旅券と接種済証・接種記録書の氏名表記が異なる場合(旧姓・別姓・別名)は、同一性の確認のため、それらを確認できる書類の提出が必要です。
書類の例:旧姓併記のマイナンバーカード、運転免許証、住民票、戸籍謄抄本等

代理人であることを証明する書類(委任状、戸籍謄抄本、登記事項証明書等)

※本人以外からの申請はすべて代理人申請となります。同一世帯員や直系親族からの申請もすべて代理人申請となります。
※法定代理人の場合は、それを証明するもの(戸籍謄抄本等、登記事項証明書)、それ以外の代理人の場合は委任状が必要になります。


委任状の様式については、委任状(予防接種証明書用)をご確認ください。

代理人の本人確認書類

マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等

その他個別の事情により提出を求める書類等

その他

予防接種証明書(ワクチンパスポート)は複数枚発行することは致しません。

郵送による申請の場合でも、交付申請書、代理人であることを証明する書類(委任状等)は原本の提出が必要です。それ以外の書類(接種済証、旅券等)は写し(コピー)の提出をお願いします。
旅券(パスポート)は、顔写真があり旅券番号が記載されている部分のコピーを取ってください。