このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

塩尻市に暮らしているが、住民票をおいていない場合は?

最終更新日:2021年5月10日

Q:塩尻市に住んでいますが、住民票は別の市町村にあります。
住民税(市・県民税)はどうなりますか?

A:令和3年1月1日現在に塩尻市に生活の本拠地がある場合、住民票を塩尻市においていなくても、塩尻市で令和3年度の住民税(市・県民税)が課税されることになります。
地方税法の規定により、住民税は毎年1月1日現在の生活の本拠地で課税されることが定められていますが、その際の「生活の本拠地」とは原則、住民基本台帳法の規定による住所地、いわゆる住民票がある場所です。
ただし、住民票がある場所以外の市区町村に住んでいる場合は、実際に住んでいる市町村で住民税が課税されます。
通常、全国の市町村では、給与支払者からの報告書や所得税確定申告書に記載された情報などから、納税義務者の住所を把握しています。

お問い合わせ先

税務課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-8180

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ