このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

納税義務者が亡くなったときは?

最終更新日:2021年5月10日

Q:本人が令和3年2月に死亡しました。
本人の市・県民税はどうなりますか?

A:市・県民税は、相続人が代わりに納税することになります。
市・県民税は、毎年1月1日を基準日として課税されます。
そのため、令和3年2月にお亡くなりになった場合でも、令和3年度の市・県民税が免除されることや税額が変更することはありません。
地方税法の規定により、お亡くなりになった人の相続人に、納税の義務が承継されます。通常、6月に相続人宛てに納税通知書が届きます。

お問い合わせ先

税務課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-8180

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ