このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴うごみの出し方等について

最終更新日:2021年2月3日

ごみ排出時のお願いについて

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、ごみ収集処理を行う作業員等への感染予防のため、ごみを排出する際の配慮をお願いいたします。

分別をしっかりとする

分別されていない状態でごみが排出された場合は、作業員が直接手に触れて確認する必要があります。

分別や出し方がわからない場合は、塩尻資源物・ごみ分別アプリ資源物・ごみ分別案内・日程表でご確認ください。

ごみ袋は空気を抜いてしっかり封をする

収集時に運びやすくし、袋が破裂したり、ごみが散乱したりすることを防止します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方(環境省)

家庭ごみを出すときに心がける5つのこと

新型コロナウイルスに感染した方(疑いのある方)のごみの出し方について

新型コロナウイルス感染症に感染した方やその疑いのある方がいる場合、鼻水などが付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際には、以下の点を心がけてください。

ごみに直接触れない

ごみ箱には袋をかぶせて使用し、いっぱいになる前に封をしましょう。

ごみ袋はしっかりしばって封をする

直接ごみに触れることないよう、袋をしっかりしばりましょう。
ごみが袋の外側に触れてしまった場合には、二重にごみ袋に入れてください。

ごみを捨てた後は手を洗う

ごみを捨てた後は、石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方(環境省)

新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方

新型コロナウイルスに感染した方(感染が疑われる方)の資源物の取り扱いについて

感染防止のため焼却できる以下のものは、資源物でなく「もえるごみ」としてお出しください。

  • プラスチック製容器包装
  • 紙類
  • ペットボトル
  • 布類

お問い合わせ先

生活環境課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-54-7661

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ