このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

幼児教育・保育の無償化について

最終更新日:2019年10月17日

幼児教育・保育無償化の概要

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの児童、市町村民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの児童を対象として、令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化が実施されます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。幼児教育・保育の無償化(内閣府ホームページ)※外部リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。幼児教育・保育の無償化(内閣府特設ページ)※外部リンク

対象施設と対象者について

認可保育所等

3歳児クラスから5歳児クラス(年少から年長)のすべての児童の保育料及び、0歳児クラスから2歳児クラスの市町村民税非課税世帯の児童の保育料を無償化します。
ただし、実費として徴収されている費用(教材費、行事費、食材料費など)は、無償化の対象外となります。

※食材料費とは、主食費と副食費を指します。3歳児クラスから5歳児クラスの副食費については、これまで保育料に含まれていましたが、無償化後は各施設による実費徴収となります。(公立の保育所については市が徴収)
※認可保育所等とは、認可保育所及び地域型保育事業所を指します。

認定こども園

認定こども園(保育部分)は、3歳児クラスから5歳児クラス(年少から年長)のすべての児童の保育料を無償化します。
認定こども園(教育部分)は、満3歳児(3歳になった日から最初の3月31日までの児童)から、小学校就学前のすべての児童の保育料を無償化します。
0歳児クラスから2歳児クラスの児童については、市町村民税非課税世帯を対象として保育料を無償化します。
ただし、実費として徴収されている費用(教材費、行事費、食材料費など)は、無償化の対象外となります。

※食材料費とは、主食費と副食費を指します。3歳児クラスから5歳児クラスの認定こども園(保育部分)の副食費については、これまで保育料に含まれていましたが、無償化後は各施設による実費徴収となります。

幼稚園

満3歳児(3歳になった日から最初の3月31日までの児童)から、小学校就学前のすべての児童の保育料を無償化します。
ただし、私学助成幼稚園の利用料については、月額25,700円を上限として無償化します。(幼稚園就園奨励費補助金は、無償化の制度開始に伴い終了します。)
実費として徴収されている費用(教材費、行事費、食材料費など)は、無償化の対象外となります。

幼稚園等の預かり保育

保育の必要性の認定を受けた場合は、利用日数に応じて(450円×利用日数)最大月額11,300円を上限として預かり保育の保育料を無償化します。
(満3歳児(3歳になった日から最初の3月31日までの児童)については、市町村民税非課税世帯のみ最大月額16,300円を上限として無償化します。)

認可外保育施設等

・保育の必要性の認定のある3歳児クラスから5歳児クラスの児童で、認可保育所等又は一定基準以上の預かり保育(平日8時間、年間200日以上)を実施している幼稚園、認定こども園及び企業主導型保育を利用していない場合に、月額37,000円を上限として保育料を無償化します。
・保育の必要性の認定のある0歳児クラスから2歳児クラスの市町村民税非課税世帯の児童で、認可保育所等又は一定基準以上の預かり保育(平日8時間、年間200日以上)を実施している幼稚園、認定こども園及び企業主導型保育を利用していない場合に、月額42,000円を上限として保育料を無償化します。

※認可外保育施設等とは、認可外保育施設以外に、一時預かり事業(デイ保育)、病児・病後児保育、ファミリーサポート事業を含みます。

幼児教育・保育の無償化の対象と範囲

幼児教育・保育の無償化の対象と範囲
  認可保育所等 認定こども園 幼稚園 認可外保育施設等 (※)
施設型給付 私学助成
保育 教育 預かり保育 (※) 教育 預かり保育 (※) 教育 預かり保育 (※)
3歳児から5歳児クラス
上限11,300円

上限11,300円

上限25,700円

上限11,300円

上限37,000円
満3歳児(3歳になった日から最初の3月31日までにある児童) × ×
上限25,700円
×
市町村民税非課税世帯の満3歳児(3歳になった日から最初の3月31日までにある児童)
上限16,300円

上限16,300円

上限25,700円

上限16,300円
市町村民税非課税世帯の0歳児から2歳児クラス
上限42,000円

(※)無償化にあたり施設等利用給付における保育の必要性の認定が必要です。

幼児教育・保育の無償化に関するチラシ等

幼児教育・保育の無償化にあたり必要な手続について

幼児教育・保育の無償化にあたっては、利用する施設・事業ごとに必要な手続が異なります。

保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育事業所

保育料の無償化にあたって、保護者の方の手続は必要ありません。

施設型給付(新制度移行)幼稚園、認定こども園(教育部分)

保育料の無償化にあたっては、保護者の方の手続は必要ありません。
預かり保育利用料の無償化にあたっては、保護者の方の認定手続が必要になります。

私学助成幼稚園

保育料の無償化及び、預かり保育の無償化にあたって、保護者の方全員の認定手続が必要になります。

認可外保育施設等

認可外保育施設、一時預かり事業(デイ保育)、病児・病後児保育事業、ファミリーサポートセンター事業の利用料の無償化にあたって、保護者の方の認定手続が必要になります。

保護者の方の認定手続について

必要な認定手続についての詳細は、以下のリンク先(内部リンク)を御確認ください。

施設等利用給付認定手続について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

こども課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0643

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

サブナビゲーションここから

幼児教育・保育の無償化

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ