このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

認知症についてと認知症の方や家族への支援について

最終更新日:2018年7月27日

認知症とは

認知症とは、様々な原因で脳の細胞が死んでしまったりして、脳の司令塔の働きに不都合が生じさまざまな障害が起こり、生活をする上での支障が、およそ6ヶ月以上継続している状態を指します。「あれ、最近おかしいな」という本人、家族の小さな日常の変化を見過ごさず、早期の診断、治療に結びつけば、進行をゆるやかにしたり、今後の生活をする上での本人や家族の準備を行うことができます。

症状

認知症はさまざまな症状が現れます。また、進行性の病気なので、症状も異なってきます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。認知症の症状について

相談する機関や窓口

医療機関

普段から本人のことをよく知っているかかりつけ医
専門医(各医療機関の精神科、神経内科、心療内科など)

相談窓口

地域包括支援センター

在宅介護支援センター

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。認知症コールセンター

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。若年性認知症コールセンター

認知症家族交流会

認知症の人の介護をしている仲間との情報交換や勉強会を行っています。

家族会(かいご・しおじり)

認知症に関する勉強会や、息抜きの場としての集いを行っています。
開催日 2ヵ月に1回
場所 市保健福祉センター
※詳細に関しては市長寿課までお問い合わせください。

認知症介護相談

開催日 毎月第1、第3土曜日(年末年始は異なる場合がありますので、お問い合わせください)
時間 午後1時から午後2時、午後2時から午後3時
場所 ふれあいセンター広丘(広丘堅石2150-1)
連絡先 0263-51-5070
※予約をしていただくようお願いいたします。

認知症の人と家族の会長野県支部

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。認知症の人と家族の会長野県支部

認知症カフェ

認知症を発症した人本人はもちろん、その家族からの相談や、地域の皆さんが正しい理解をもって認知症の方達に接することができる交流会を開催しています。

語り合いの場 オレンジカフェ

日時 毎月第4金曜日 午前10時から正午(日程が変更になる場合もあるので、ふれあいセンター洗馬へお問い合わせください)
場所 ふれあいセンター洗馬(洗馬2713番地1)
参加費 100円(お茶代)
※申し込みは不要です

オレンジカフェ

日時 毎月 第1土曜日と第3木曜日 午後2時から午後4時
場所 ふれあいセンター広丘(広丘堅石2150-1)
参加費 100円
※申し込みは不要です

支援について

認知症を発症された方やその家族の在宅での生活を支援するための様々なサービスがあります。

介護保険での支援

介護保険で利用できるサービスの種類

認知症を発症された方への支援や家族への支援として、介護保険を利用したサービスを行っております。

やすらぎ支援員訪問事業

やすらぎ支援員の派遣

認知症を発症された方を在宅で介護している家族に代わって、見守りや話し相手になる方を派遣するサービスです。
※やすらぎ支援員とは、認知症に関する基礎知識を学び、やすらぎ支援員の登録をした方です。

徘徊のある方への支援

徘徊探知機の貸与

認知症による徘徊のある方に、探知機を持ってもらうことによって、徘徊時の所在を明らかにするとともに、事故防止を図り家族による在宅介護を支援するサービスです。

成年後見制度

成年後見制度とは、認知症や知的障がい、精神障がいなどによって、判断能力が十分でなくなり、自分ひとりでは契約や預貯金・財産の管理などをすることが難しい方が、地域で自分らしく安心して暮らせるように、その方の財産や権利を守り、法的に支援していく制度です。成年後見支援センターや地域包括支援センターが、成年後見制度の相談にのっていますので、ご相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。成年後見支援センター

予防事業

「認知症ケアパス」をご利用ください

厚生労働省では、団塊の世代が75歳以上となる平成37年を見据え、認知症の人の意志が尊重され、できる限り住み慣れた環境で自分らしく暮らし続けられる社会を目指しています。
そこで、認知症について相談できる窓口などを掲載した「認知症ケアパス」を塩筑認知症対策委員会で作成しましたので、ぜひご活用ください。

「認知症ケアパス設置場所」
相談先、市内医療機関、各支所、各地区センター、市立図書館、総合文化センターに設置されています。

「認知症について相談先」
○中央地域包括支援センター 電話52-0280(代) 塩尻市大門六番町4-6保健福祉センター1階
○北部地域包括支援センター 電話88-3314   塩尻市広丘野村2163
○ふれあいセンター広丘 電話51-5070      塩尻市広丘堅石2150-1

上記3つの施設には、認知症についての専門的な相談などを行う認知症地域支援推進員が配置されています。認知症かなと自身で心配に思ったり、周囲の人が困ったときなど、気軽にご相談ください。

認知症初期集中支援チーム

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができるよう、認知症の人及びその家族からの相談の早期に関わる認知症初期集中支援チームを平成30年4月に中央地域包括支援センター内に設置しました。
専門職が認知症が疑われる人、認知症の人、家族を訪問し、情報をチーム員(包括支援センター職員、専門医)で評価し、本人や家族支援などの初期の支援を包括的・集中的(概ね6か月)に行います。
認知症についての相談窓口(各地域包括支援センター、ふれあいセンター広丘)にてご相談下さい。

認知症サポーター養成講座について

認知症サポーター養成講座のお知らせ

認知症サポーターとは、認知症を発症された方を地域で支えていける応援者のことです。市ではサポーター養成講座を行っております。

参考資料

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。本人にとってのよりよいくらしガイド

本人、家族向けのわかりやすいガイドブック。全28ページ。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

長寿課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-54-0203

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

サブナビゲーションここから

認知症について

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ