このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
しおじり市キッズページ
  • しおじり市ホームページへ

  • 知っているかな? しおじり市ってこんなまち
  • のぞいてみよう! しおじり市のおしごと
  • みどりがいっぱい! しおじり市のしぜん
  • いってみよう! しおじり市のしせつ
  • しらべてみよう! しおじり市のれきし
サイトメニューここまで


本文ここから

高ボッチ高原(たかぼっちこうげん)

最終更新日:2011年9月29日

高ボッチ高原(たかぼっちこうげん)についてしょうかいします

うつくしいけしきがひろがる「高ボッチ高原(たかぼっちこうげん)」

高ボッチ高原は、ひょうこう(海からのたかさ)が1,665メートルにある、、なだらかな高原です。
北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳連峰(やつがたけれんぽう)、富士山などがみえ、とてもうつくしいけしきがひろがります。そのため、「日本一のシャッターポイント」ともいわれ、全国からたくさんのカメラマンが、写真をとりにやってきます。
また、レンゲツツジやマツムシソウなど、高原のしょくぶつがたくさん花をさかせ、「おとめの高原」ともいわれています。まいとし8月には、草競馬大会(くさけいばたいかい)がおこなわれ、競走馬(きょうそうば)やポニーのレースをみに、たくさんの人がおとずれます。この草競馬大会は、日本一たかいところでおこなわれる大会です。

どうして「高ボッチ」っていうの?

高ボッチというおもしろいなまえのゆらいは、たくさんあります。

  • 「だいだらぼっち」、「でいだらぼっち」という巨人(きょじん)が、こしをおろしてひとやすみしたといういいつたえ
  • アイヌ語で巨人、巨大(きょだい)を「ボッチ」ということから、おおきな山をあらわしているという説(せつ)
  • 高いところにある「くぼち(ボッチ)」といういみからなまえがついたという説(せつ)

などがあります。みなさんは、どれがほんとうだとおもいますか?

高ボッチ高原の写真
高ボッチ高原

草競馬の写真
高ボッチ高原草競馬

お問い合わせ先

塩尻市
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-1158

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

このページの上にもどる
以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表)
Copyright © Shiojiri City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る