このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

屋外広告物の点検義務について

最終更新日:2019年7月8日

近年全国的に適切に管理されていない屋外広告物が見受けられ、平成27年2月には、札幌市において建物に取り付けられた看板が落下し、歩行者を直撃する重大事故が発生しました。
このような状況を受け、長野県では、長野県屋外広告物条例の一部を改正しました。
これにより、屋外広告物の管理者等は、日常の補修その他の管理に加え、風雨や経年劣化によって屋外広告物に倒壊・落下のおそれ等が生じないよう、定期的な点検を行うことが義務となりました。

点検の対象

次のものを除く、すべての屋外広告物が点検の対象です。
(除かれるもの)
○はり紙、はり札、立看板類、広告幕類、アドバルーン、壁面等に描かれたもの
○法令の規定により表示又は設置が義務付けられているもの

点検の方法

点検時期

屋外広告物を表示・設置・改造した時、及びその後3年以内ごと

点検項目

本体及び取付け部の変形・腐食等、ボルト及びビス等のサビ・緩み等、表示面の破損・はく離・汚染・退色・変色等、その他照明等の取付け状態等

点検の資格

広告物本体の高さが4mを超える屋外広告物の点検は、屋外広告士又は屋外広告物条例施行規則で定める者(建築士、電気工事士、その他)に行わせなければなりません。

点検結果の保管・報告

点検結果の記録は、屋外広告物を除却するまでの間、保管しなければなりません。
また、市から表示・設置の許可を受けている屋外広告物は、許可の更新時に点検結果の報告書を提出する必要があります。
※この場合の点検は、許可の有効期限満了日の60日前から更新申請日までに行われたものが有効です。

参考資料

屋外広告物の規制

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

建築住宅課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0310

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ