このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

信州塩尻 ぶどうまつり2018

最終更新日:2018年8月28日

ぶどうまつり開催内容

開催期間

2018年8月下旬~10月中旬

ぶどう狩り料金

3歳以上小学生未満 300円~
小学生以上      600円~
※巨峰などの一部品種は、別料金がかかる場合があります。

塩尻市観光果実直売組合加盟の14農園が参加しています。
開園時間、取り扱い品種などの詳細は、各農園へ直接お問い合わせください。

有料入園者お楽しみ券

期間中、有料でご入園いただいた方には抽選で果物やワイン等の景品が当たるお楽しみ券もあります。
市内参加農園、近隣の道の駅、駅前観光センター等で配布しております。以下チラシデータを印刷してお持ちいただいても有効です。

ぶどう狩りの写真

代表ぶどう品種

ナイヤガラの画像。

ナイヤガラ
アメリカ系特有のラブラスカ香の強い黄色種。塩尻の特産。

巨峰の画像。

巨峰
日本原産の品種。大粒でぶどうの王様として広く知られる。

ポートランドの画像。

ポートランド
アメリカ原産の強い甘みが特徴のぶどう。

デラウェアの画像。

デラウェア
新紅色円形小粒。通常ジベレリン処理により種なしにする。

塩尻のぶどうの歴史

塩尻市のぶどう栽培は、年間日照時間が長く、降水量も少ないことに加え、昼夜の寒暖差が大きいという気候の特徴により、ぶどう栽培に適しており、全国有数のぶどうの産地として知られています。
塩尻のぶどう作りは、明治23年に豊島理喜治氏が塩尻桔梗ヶ原に約1haの「ナイヤガラ」、「コンコード」などアメリカ系のぶどうを試植したことから始まります。
現在、年間の収穫量は約4,540トンで全国有数のぶどうの産地として知られています。
主に生食用である、「ナイヤガラ」、「コンコード」、「デラウェア」、「ポートランド」、「巨峰」に加え、「メルロー」、「シャルドネ」等のヨーロッパ種も栽培されています。

アクセス

ぶどうまつり2018チラシ裏面をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

観光課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-3413

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ