このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

新体育館

塩尻市新体育館建設工事の最新情報を掲載しています。
塩尻市は令和3年4月の開館を目指し、広丘郷原地籍に新体育館の建設を進めています。
地域の皆さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

建設現場の様子
令和2年2月28日撮影:現場では2階、屋根、外壁の建設が進んでいます。

新着情報

  • 令和2年2月28日  「建設工事の進捗状況」を更新しました。
  • 令和2年2月25日  「建設現場の定点観測」を更新しました。
  • 令和2年1月31日 「塩尻市総合体育館の指定管理者募集」を更新しました。
  • 令和2年1月15日 「建設工事の現場リポート」を更新しました。
  • 令和2年1月14日 「塩尻市総合体育館(新体育館)早期仮予約(先行予約)の受け付け」を更新しました。

塩尻市総合体育館(新体育館)の指定管理者募集

塩尻市総合体育館(新体育館)の指定管理者を募集します。
詳細は下記リンクよりご確認ください。

【募集】塩尻市総合体育館の指定管理者

塩尻市総合体育館(新体育館)の早期仮予約(先行予約)

塩尻市総合体育館(新体育館)の早期仮予約(先行予約)を受け付けています。

塩尻市総合体育館の早期仮予約(先行予約)

現在の作業内容

【屋根工事】
【屋根鉄骨塗装工事】
【外壁工事(がいへきこうじ)】
【設備工事】を進めています。

現在の工事範囲の説明

建設工事の情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。3D動画で新体育館の完成イメージをご覧ください

"新体育館3D動画"がバージョンアップ!
公園に遊具が!ボルダリングコーナーが!トレーニングルームまで!
細部まで表現された新体育館完成イメージをご覧ください。
※内外装の色や材質は変更になる場合があります。

新体育館実施設計図面

新体育館建設工事の契約情報

建設工事以外の情報

建設工事の進捗状況

過去の記事は「建設工事のバックナンバー」をご覧ください。

令和2年2月28日更新【屋根工事の様子】

屋根工事の様子

屋根板葺(ふ)きが始まりました。

屋根板は雨漏りを防ぐために端から端まで一枚の板で葺く必要がありますが、それでは板が長すぎてトラックで運んでくることができません。

どうするかというと・・。

屋根工事の様子

屋根板となる鋼板をコイルにして現場に搬入し、現場内で屋根の形に成型してしまいます。

写真のコイル1本が屋根の端から端までの長さで切断されています。

屋根工事の様子

緑色の機械が屋根板の成型機です。

成型機の左側にコイルを差し込むと、成型機の中でコイルが屋根の形に折り曲げられて、成型機の右側から出てきます。

屋根工事の様子

成型機を上から見てみました。

いろいろなローラーが付いていて、成型機の出口(左側)では屋根の形になっています。

屋根工事の様子

成型機から出てきた屋根板は、そのまま体育館の屋根の反対側まで伸びていきます。

屋根工事の様子

屋根の上には約10人の屋根屋さんが待ち構えていて、1コイルの成型が終わると、笛の合図とともに息を合わせて屋根板を所定の場所まで運びます。

屋根工事の様子

決められた位置に置いた屋根板は、一方をネジで屋根に固定し、もう一方は先に固定した屋根板の端部と一緒に大きなハサミのような道具を使って折り込みます。
最後に、折り込んだ部分に電動で締め付ける機械を走らせて、屋根板葺きが完了します。

令和2年2月25日更新【屋根、外壁工事の様子】

屋根工事の様子

現場では屋根鉄骨の組み立てが終わり、移動式足場は次の鉄骨塗装工事に備えてアリーナ中央部に移動しました。

外壁工事の様子

西側の外壁は、あっという間に張り終わってしまいました。

屋根工事の様子

鉄骨の母屋の上には屋根材を支えるための「複合野地板(ふくごうのじいた)」を敷き、ネジでしっかりと固定します。

屋根工事の様子

「複合野地板」は、木のチップとセメントを混ぜた「木毛セメント板(もくもうせめんとばん)」と、断熱材が一体になった複合板で、耐火性や断熱性に優れた材料です。板の断面を見ると2層になっているのがわかると思います。

屋根工事の様子

複合野地板の上には「ルーフィング」と呼ばれる防水シートを敷き、巨大なホッチキスのような道具で留めていきます。
いよいよこの上に屋根を葺(ふ)きますが、その様子は次回お知らせします。

屋根工事の様子

屋根の上からアリーナを見下ろしてみるとこんな感じに見えます。

屋根からアリーナの砂利を敷いてある面までの高さは約19メートル。

ビル5~6階分の高さがありますので、撮影者は命綱を付けてはいますが、かなり腰が引けています。

写真では高さが伝わりづらいのが残念なところです。

青色のネットは、安全のためにまだ取ることができません。

建具工事の様子

アリーナの南北面には「高窓」が付きました。

令和2年2月3日更新【各階の様子】

各階の様子

屋根の組み立て作業は順調に進んでいます。全9区間のうち7番目の区間まで組み立てが終わりました。

今回の「建設工事の進捗状況」は、新体育館の各階の様子をお知らせします。

新体育館見取図と合わせてご覧ください。

各階の様子

1階多目的室2(会議室)付近です。

型枠や支柱が片付いて、部屋の大きさがわかるようになりました。

現在は、電気屋さんと設備屋さんが次の作業に向けた準備をしています。

各階の様子

1階トイレ付近です。

床に灰色の丸い板が見えますが、これは床にトイレの配管を通すための穴が開いているので、通行する人が足を落とさないための「安全対策」です。

各階の様子

2階ランニングコースの様子です。

左側がメインアリーナ・観覧席になります。

まだ外から雨や雪が入り込むので、床が濡れています。

各階の様子

配管を通すための1階床下の空間「地下ピット」です。

先日、ピット内が設計図どおりにできているか、きれいに片付いているか、検査を行いました。

天井に見える緑色の板は「断熱材」です。1階床の断熱性能を高めます。

この後は設備屋さんが地下ピット内で配管工事を進めます。

各階の様子

「地下ピット」は、約30の区画に分かれていますが、1階床から地下ピットに降りるマンホールは数が限られるため、マンホールが無い場所では、隣の区画に移動する際に写真中央の「人通口(じんつうこう)」をくぐります。

人通口は穴の直径が60センチメートルしかないので、通り抜けるのはなかなか大変です。

令和2年1月15日更新【屋根工事】

屋根工事の様子

現場では屋根鉄骨の組み立て作業が進んでおり、全9区間のうち4番目の区間を組み立てています。

屋根工事の様子

屋根鉄骨の組み立ては、1つの区間ごとに図のような流れで進められます。

屋根工事の様子

(1)下弦材(かげんざい)の組み立てです。

移動式足場の上で、鉄のボールとパイプを組み合わせていきます。

屋根工事の様子

(2)地上では斜材(しゃざい)が組み立てられ、1ブロックごとにクレーンで吊り上げて(1)の下弦材に取り付けます。

屋根工事の様子

(2)斜材に(3)上弦材(じょうげんざい)を取り付けていきます。

屋根工事の様子

接合部を拡大すると、このように鉄のボールにパイプが接続されています。

パイプの先端がネジになっていて、ボールにねじ込んで接続します。

この段階では鉄骨に白色の錆止め塗装が施されており、今後、もう一度仕上げの塗装をします。

屋根工事の様子

(3)の上弦材の組み立てが完了した後、地上で組み立てた(4)母屋(もや)を屋根に乗せます。

母屋は屋根材を支える部材で、母屋の上に板を敷き、その上に鋼板で屋根を葺きます。

屋根工事の様子

(4)母屋が取り付きました。

母屋の上部に張ってある黄色のロープは「親綱」と呼ばれ、母屋の上で作業をする人がここに命綱を掛けます。

また、母屋の下に青色に見える部分は「安全ネット」が張ってあり、万が一人が落下したり、物を落とした場合に、このネットで受け止めるようになっています。

親綱も安全ネットも仮設の安全設備なので、屋根が完成して、落下の危険がなくなると取り外されます。

各段階ごとに、鉄骨が規定通りの寸法で組み立てられているか、ボルトがしっかりしまっているかなどを検査し、合格になると次の区間へ移動式足場を動かします。

令和元年12月23日更新【2階躯体工事】【屋根仮設工事】

2階躯体工事の様子

2階躯体工事も1階躯体工事と同じ流れで進めますが、2階躯体の上に屋根を乗せるため、2階柱の中に屋根を固定するアンカーボルトを埋め込みます。

2階躯体工事の様子

アンカーボルト(赤いテープが巻いてある棒)を柱にセットした写真です。

太さが伝わりにくいですが、直径が約4センチメートルありますので、とても丈夫で重いです。

鉄筋コンクリートの柱は2階で終わりですので、鉄筋の先端を曲げてあります。

2階コンクリートを打設後、このアンカーボルトに屋根の鉄骨をセットして、屋根を組み立てます。

2階躯体工事の様子

2階の壁はランニングコースのコーナー部分に45度の角度がついているため、鉄筋や型枠の加工が複雑になりますが、鉄筋屋さん・型枠大工さんの熟練テクニックでどんどん作業が進んでいきます。

2階躯体工事の様子

2階天井(屋上床)部分の鉄筋を組んでいます。

建物が高くなってきたので、遠くの景色まで見えるようになりました。

2階躯体工事の様子

基礎や1階躯体と同じように、ポンプ車で2階の柱、壁、屋上階の床にコンクリートを打設します。

写真ではわかりませんが、下の階にも人がいて、コンクリートが隅々まで入るように、壁の型枠を叩いています。

2階躯体のコンクリートを打ち終わると、屋根工事にバトンタッチです。

屋根足場の様子

一方、アリーナでは屋根工事の準備として、屋根を架けるための足場が組み立てられています。

ここで大活躍するのが「鳶(とび)さん」です。

鳶さんは高い場所でもお構いなし。写真の一番高い所もスイスイ歩いて作業します。

もちろん安全第一。常に命綱を付けて作業していますし、使用する工具すべてに落下防止のワイヤーが付いています。

屋根足場の様子

屋根足場の全景が見えてきました。

この足場は3本のレールに乗っていて、アリーナの中を移動することができます。

屋根足場の様子

屋根足場の上からはこんな景色が広がります。

建設工事の現場リポート

建設現場を違った目線からご紹介します。

過去の記事は「建設工事のバックナンバー」をご覧ください。

令和2年1月15日更新【現場監督編】

現場監督編

今回は「現場監督さん」をリポートします。

「現場監督さん」の仕事をすごくざっくり説明すると・・・

『工事の最初から建物が完成するまで現場に常駐し、「安全」「品質」「工程(工事のスケジュール)」「予算」を管理・指揮する工事の責任者』です。

今までご紹介した「○○屋さん」と呼ばれる職人さん達は、その作業がある時しか現場に来ませんが、現場監督さんは新体育館が完成するまで常に現場にいて、工事を管理・指揮します。

新体育館の現場では、共同企業体の社員6名の現場監督さんと、1名の事務員さんが常駐しています。

現場監督編

新体育館建設工事の作業所長の松本さん(写真中央)と副所長さんです。

松本さんは新体育館建設現場の前には、福島県楢葉町・広野町のJヴィレッジにある全天候型練習場建設工事の作業所長として施設完成まで携わっていました。

現場監督編

「現場監督さん」の業務は多岐に及びます。

朝の作業前に全作業員が集まる「朝礼」に始まり、現場巡視、書類作成、図面作成、施工計画作成、施工検査、予算管理、市との連絡調整、定例会議、視察対応、工程の打合せ、などなど、業務が多すぎてとてもご紹介しきれません。

他にも盛りだくさんの業務をこなしながら、新体育館の建設工事を安全第一に進めてくれています。

令和元年12月23日更新【現場見学紹介】

現場見学の様子

12月21日(土曜日)午前中に小学生以上を対象とした「現場見学会」、午後に未就学児を対象とした「ちびっ子現場見学会」を開催し、約40名の方にご参加いただきました。

現場見学の様子

組み立てが始まった屋根工事見学のほか、観覧席壁への記念サイン、油圧ショベルやラフテレーンクレーンの見学、ドローン実演など、いろいろな催しを行いました。

現場見学の様子

はじめて見るドローンにみんな興味深々です。

今後も工事の見どころに合わせて現場見学会を開催しますので、ぜひご参加ください。

現場見学の様子

12月20日(金曜日)「しおじり学びの道・小さな旅」の現場見学会が行われ、屋根工事の様子を12名が見学されました。

現場見学の様子

令和元年12月3日更新【現場見学紹介】

現場見学の様子

11月30日(土曜日)に高出公民館講座で14名が現場を見学されました。

天候に恵まれ晴天の中、ドローン実演や、大迫力の屋根工事など、現場内を見学していただきました。

実際にドローンを飛ばして、記念撮影を行いました。

現場見学の様子

屋根を架けるために使用する移動式鉄骨足場もご覧いただきました。

建設現場の定点観測

令和2年2月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和2年2月中旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和2年1月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和2年1月上旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年12月中旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年12月上旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年11月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年11月中旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年11月上旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年10月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年10月中旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年9月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年9月中旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

令和元年9月上旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年8月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年7月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年6月下旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

令和元年6月中旬の様子

南西上空からの建設現場の様子
敷地南西上空からの建設現場の様子

南東上空からの建設現場の様子
敷地南東上空からの建設現場の様子

新体育館建設工事以外の情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ