このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

毎日がHappyになる!!これからの働き方【報告】

最終更新日:2017年2月21日

女(ひと)と男(ひと)21ワーキンググループによる活動の紹介をしています。
このページは、平成29年1月21日(土曜日)に開催されたセミナーの報告です。

女と男21世紀セミナー「毎日がHappyになる!!これからの働き方」

 仕事は暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらすものです。同時に、家庭、育児及び近隣との付き合いも欠かすことができないものです。仕事と家庭の両立という課題は、個々人の問題に留まらず、国の大きな課題であることは明白です。二つの両立は、心の充足を倍増させます。しかし、現実は「安定した職に就けず経済的に自立できない」、または、「仕事と子育てや介護の両立に悩む」など、仕事と生活の間で問題を抱える人が多くいます。それらをひとりで抱え込むのではなく、共に働く上司や同僚、共に生きるパートナーと助け合いながら仕事と生活を両立するためには、どんな方法があるのか考える機会とするため本セミナーを開催しました。

日時

平成29年1月21日(土曜日)13時~15時

場所

塩尻市市民交流センター(えんぱーく)3階多目的ホール

パネリスト

・黒河内 千恵 氏
 市内医療機関勤務。育児休暇を2回取得。現在、5歳と2歳のお子さんを育てるワーキングマザー。

・ももせ みどり 氏
 ココノチカラ代表。ご自身の経歴を活かしてフリーランスの通訳をしながら、「心がやりたいことをやろう」と“ココノチカラ”を立ち上げる。

・吉村 和道 氏
 (株)オフィスP’dj代表取締役社長。社員がいきいきと働きやすい職場を目指し、子育て支援など職場環境の改善に積極的に取り組んでいる。※今年度発刊やさしく女と男情報紙「共に」63号の取材にも御協力いただきました。

・川崎 健 氏
 長野労働局雇用環境・均等室長。男女ともに働きやすい雇用環境を実現するため、「女性の活躍推進」や「働き方改革」等の施策を効果的に推進しています。

コーディネーター

・内山 二郎 氏
 長野市在住、フリージャーナリスト。ご自身の経験を活かし、人権問題、障害者問題、国際理解、地域福祉、地域づくり、コミュニケーションワークショップなどに関する執筆活動を行い、講演会の講師としても活躍中。

講演概要

パネルディスカッションの様子

・4人のパネリストよるパネルディスカッションをもとに行われる参加者体験型セミナーでした。
・前半のパネルディスカッションでは、「“仕事と生活の両立”そのキーワードは?」をテーマにお話いただきました。(パネリストには事前に「あなたが考える理想の働き方は?」「ワーク・ライフ・バランス実現のために行っている活動は?」などの質問にお答えいただいています。)
・後半では、前半のパネルディスカッションをもとに参加者全員でディスカッションをしました。

・後半のディスカッションは旗揚げ方式で行われました。参加者に5枚(5色)のカードを手に持っていただき、コーディネーターから出される設問の答えで、自分の考えに近い色のカードを上げます。設問は4つで、「働き方の問題点は何だと感じていますか」「女性の就労や再就職に必要な事項は何だと思いますか」「あなたの生活の優先度は」「あなたのワーク・ライフ・バランス度を点数にすると何点ですか」、でした。

設問の画像
設問1

上記は、当日に行われたアンケート(設問1~設問4)の結果がまとめられています。

パネリスト、ゴーディネーターからのメッセージ

・黒河内 千恵 氏
「感謝」
今、私たちがこのように働き続けられているのは、頑張ってこられた諸先輩方がいるからこそ。子どもが大きくなったら、私たちが介護等で忙しくなった先輩世代に還元できるようにしたい。

・ももせ みどり 氏
「理解しよう」「話し合い」
理解し、話し合うためには、まずテーブルに問題を出し合うこと。
お互いに、本当に何がしたいのか、を正直に話し合うために。

・吉村 和道 氏
「話し合い」
中小企業の代表、社長の一人として、対社員ひとりと話して何も進まない。
社員全員と話し合うことが、大切。

・川崎 健 氏
「バランス」
職場と家庭、女性と男性、夫と妻・・その関係性は全部バンラスが大事。このバランスは自分の中においても同じ。内向きと外向き、両方のバランスを整えていく、それが働いていくことと生活をしていくことにおいて重要なこと。

・内山 二郎 氏
ライフステージによって環境が変わる中、そのバランスの有り様は変わってくる。
自分を見失わずに、自分が今ここで生きているということを時間できるようなバランスの良い状況を作り出していくかが大切です。

参加した方からの感想(抜粋)

4人のパネリストの様子

・「働き方・労働時間」「ワーク・ライフ・バランス」の点については、更に議論を深めていく必要があると考える。
・1回だけの開催ではなく複数回の実施も検討して欲しい。
・男女の考え方が違うので、家庭での話し合いが必要。
・講師からの一方通行の話ではなく、参加型形式だったので楽しかった。
・勉強不足を感じました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

男女共同参画・人権課
電話:0263-52-0894 ファクス:0263-54-2705

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ