このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

重要文化財(建造物)の指定について

最終更新日:2020年12月23日

令和2年12月23日(水曜日)の官報告示をもって、国指定重要文化財となりました。

文化財の名称等

名称

旧中村家住宅 2棟(主屋、土蔵)

所在地

長野県塩尻市大字奈良井311

所有者

塩尻市

建築年代・構造形式

(1)主屋 1棟
 建築:天保14年(1843)頃
 構造:桁行6.1m、梁間17.2m、木造、2階建、切妻造、平入、鉄板葺
 
(2)土蔵 1棟
 建築:天保14年(1843)頃
 構造:桁行4.1m、梁間5.3m、土蔵造、2階建、切妻造、平入、鉄板葺

指定基準

流派的又は地方的特色において顕著なもの

特徴・評価

旧中村家住宅は塩尻市奈良井に所在し、塗櫛の創業者と伝わる中村恵吉の次男中村利兵衛が、恵吉家より分家して建てた屋敷とされ、中山道奈良井宿において、生業としての櫛製造問屋を営む中で、大名行列などの大通行の折には旅籠屋としても機能していた近世民家建築です。
 

以下の点から極めて価値が高い建造物です。
(1)昭和44年、川崎市にある日本民家園への移築が予定されていたが、現地保存を望む地域の声を受け、当時の楢川村が敷地と建造物を中村家より寄贈を受け、保存活用を図っていくこととなった。この出来事を契機に、奈良井では町並みや建造物の保存について意識されるようになり、昭和53年の国重要伝統的建造物群保存地区の選定へと進むこととなった、言わば奈良井地区の町並み保存活動の原点ともいえる建造物であること。
 

(2)史資料により生業や敷地建物の来歴が明確で、当地方における宿場町の一般的な規模の敷地形態をよく残しており、主屋については、居室を1列に並べる一般的な規模の町家の典型としての当初形態をよく残したうえに、間取り、架構、表構などの当地方の特有の建築形態をよく伝えていること。
 

(3)塗櫛を商うだけでなく、敷地内で漆塗りの作業をおこなうとともに、必要に応じ旅籠機能を果たしていたことを具体的に示すものとして、当地方の宿場町の経済活動をあきらかにする建造物であること。
 

現在、中村邸として一般公開されています。


主屋外観


主屋内部(カッテ付近)


土蔵外観


土蔵内部

お問い合わせ先

社会教育課
電話:0263-52-0280

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ