このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度も塩尻未来会議を開催します!

最終更新日:2017年11月30日

塩尻未来会議は、塩尻市の未来を、市民と市役所が一緒に描いていく対話プロジェクトです。2013年に始まり、老若男女問わず、未来をつくるための対話の場として、継続的に開催しています。

この会議から、外国人のためのコミュニティースペースが生まれたり、空き家のオーナーとゲストハウスのアイデアが結びついたりしています。やりたいことがある人も、やりたいけど何からやっていいかわからずもやもやしている人も、ここで話し合うことで、未来のプロジェクトが描けるかもしれません。

「会議」という名称ですが固い雰囲気は一切なく、みんなでお菓子を食べながら、対話をしています。
ぜひ一度、お気軽に足をお運びください!

未来会議のロゴ

第一回テーマ「社会事業の”育て方”」を開催(6月29日)

6月29日に2017年第一回となる塩尻未来会議を開催しました。
社会課題を解決する事業を支援するソーシャルベンチャー・パートナーズ東京の代表理事である藤村隆さんをお迎えして「社会的事業の”育て方”」をテーマに対話を行いました。
普段、社会で生活をしている中で感じる「課題」をみんなで出し合って、どうやったら解決できるのかを対話しながら考える場となりました。

公演中の画像

最初のワーク

全体でのワーク

個別テーブルでのワーク

第二回テーマ「家守舎に学ぶ」を開催(8月24日)

8月24日に第二回塩尻未来会議を開催しました。なんと今回は、初の木曽平沢での開催です!
古民家や空き家をコミュニティアセットとして活用することで、地域全体の活性化を目指す事業を展開するコトラボ合同会社の代表である岡部さんをゲストにお迎えしました。
実際に木曽平沢を散策し空き家を見学した後、どのような活用方法があるのかを対話を行いました。

写真1

写真2

写真3

写真4

第三回テーマ「対話と教育」を開催(9月2日)

9月2日に第三回塩尻未来会議を開催しました。
フィラデルフィア発祥の"Edcamp"という手法を用いて対話をしました。主催者がテーマを決めるのではなく、教育に関心のある参加者が自分が話したいことを持ち寄って、その場でテーマを決めるという、アンカンファレンスな場を作りました。
教員の方や一般企業の方、大学院生、大学生、高校生と、立場も年齢も多様な方々にご参加頂きました。

対話の様子

テラスでの対話の様子

テーマ一覧

全体記念撮影

第四回テーマ「対話と哲学」を開催(9月3日)

9月3日に第四回塩尻未来会議を開催しました。

塩尻未来会議に参加した市民が手を挙げて「やりたい!」といって開催に至った企画です。哲学発祥の地であるギリシアでは、まちの中の道端で市民が哲学対話を行っており、それを塩尻でもやりたいという想いから実現しました。
参加者が日常で疑問に想っているテーマを、えんぱーくの会議室やテラスのみならず、市内の飲食店やSL広場へと繰り出して、対話を行いました。

ミーティング

テラスでの打ち合わせ

テーマ提案

全体集合写真

第五回テーマ「森林とイノベーション」を開催(9月21日)

9月21日に第五回塩尻未来会議を開催しました。
今回は「百年の森林構想」を策定し、地域資源である森林と共に生きる道を決めた岡山県西粟倉村のエーゼロ株式会社から、取締役の但馬武さんをゲストにお迎えしました。
塩尻市も森林が約75%を占める自治体であり、森林をどう活用し整備していくかは喫急の課題の一つです。
市役所の森林課の職員や、木育を手がける塩尻商工会議所の方からも講演をいただいた後、参加者で森林をどのように活用していけば素敵な未来になるのかを対話しました。

講演の様子

フィッシュボウル形式の対話

参加者からの付箋

集合写真

第六回テーマ「対話と教育」を開催(10月14日)

10月14日に第六回塩尻未来会議を開催しました。
今回は京都造形芸術大学副学長である本間正人さんをゲストにお迎えしました。
「最終学歴」ではなく「最新学習暦」が大切であり、それを個人的に行うのではなく、組織としてアクティブに実施する方法を、講義と参加者同士の対話を織り交ぜながら学びました。
互いに学び合うための関係性作りの基礎となる心と心のコミュニケーションを目的としたワークを行い、参加者同士の繋がりがとても濃くなった未来会議でした。

本間さんのワーク

参加者同士の対話

ワークとライフの関係性を絵で描く。

集合写真

第七回テーマ「はじめよう未来会議」を開催(11月20日)

11月20日に第七回塩尻未来会議を開催しました。
今回は慶応義塾大学特別招聘准教授である井上英之さんをゲストにお迎えしました。
まずは瞑想で呼吸を整え、身体のみならず、ともすれば別のことを考えがちな頭も未来会議の「場所」に置くところから始まりました。
何かを始めたり、問題を解決しようとする時に、何故対話が良いのかを、他社との関係性を柱に丁寧に講義していただきました。
今後、より社会が複雑化し、直面したことも無い課題に立ち向かわなければならない中で、とても良い示唆を得ることができました。

井上さんのお話

ワークの様子

高校生も発表しました

ホワイトボードの様子

今後の予定

2017年の塩尻未来会議も、残すところあと1回となりました!
ぜひぜひ、お気軽に足をお運びくださいませ。

■第8回
 テーマ「長野ミライ会議-新しい行政のあり方を考える‐」
  12月26日(火曜日)18時~21時 えんぱーく5階「イベントホール」

※開催予定はこちらからも確認できます!
  塩尻未来会議Facebook

お問い合わせ先

地方創生推進課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-1158

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ