このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

市・県民税(所得税)の申告相談会について

最終更新日:2019年1月21日

平成31年度の市・県民税(30年分所得税)の申告についてお知らせします。

申告期間と申告相談会の日程

申告相談日程
  市県民税のみの申告相談

市・県民税および所得税の申告相談

期日

2月12日(火曜日)から2月15日(金曜日)まで

2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日)まで(土日を除く)

受付期間

午前8時30分から正午までおよび
午後1時から午後4時まで

午前8時から正午までおよび
午後1時から午後4時まで

相談時間

午前9時から正午までおよび
午後1時から終了まで

午前8時30分から正午まで
および午後1時から終了まで

場所

市役所5階大会議室

市役所5階大会議室

※市・県民税のみの申告相談の日であっても、相談の結果、所得税の申告相談になる場合は、相談に応じています。
※昨年度まで実施していた楢川支所での事前申告相談は行いませんので、ご注意下さい。

以下の申告は市役所では受けられません。ご注意下さい。

  • 所得税特有の申告に係るもの:青色申告、準確定申告(30・31年中に亡くなった人の申告)、29年以前分の申告、延納の届出、更正の請求、繰戻還付、外国人の申告(海外に被扶養者がいる人)、修正申告
  • 特殊な所得や控除に係るもの:退職所得の申告、繰越損失、分離課税(住民税のみの分離課税は市役所でも可)、雑損控除、仮想通貨に係る申告
  • 所得税の税額控除に係るもの:外国税額控除、住宅ローン控除(初年分)、住宅耐震改修特別控除、政党等寄附金特別控除、投資税額控除など

市・県民税の申告

市・県民税は、申告書等に基づき市役所で税額を計算し、納税者の方々に税額を通知して納税していただく仕組みになっています。
適正な課税を行うために、対象となる皆さんには、申告書を提出していただく必要があります。
所得税の確定申告を行う人(国税庁ホームページへリンク)は、税務署から市へ確定申告書の情報が送られてくるため、あらためて市・県民税の申告書を提出する必要はありません。

市・県民税の申告が必要な場合

平成31年1月1日現在、塩尻市に住所のある人(住民登録が他市区町村であっても、実際は塩尻市内にお住まいになっている方を含む)で、次に該当する方は平成31年3月15日までに申告書の提出が必要です。

  • 年金収入が400万円以下で所得税の確定申告が不要になったが、年金の源泉徴収票に記載のある所得控除(配偶者控除等)以外の市・県民税の所得控除を受けたい場合。※
  • 勤務先から塩尻市役所に給与支払報告書が提出されていない人(年の途中で退職された人など)。提出が不明な場合は勤務先又は市役所へご確認ください。
  • 給与以外に所得があった人(給与以外の所得が20万円以下で所得税の確定申告が不要な場合でも、市・県民税の申告は必要です)
  • 所得税の確定申告が不要で、営業等・農業・不動産・配当・年金・雑(年金、その他)・一時などの所得があった人
  • 市外に住所がある人の扶養親族になっている人
  • この他、平成30年中に収入はなかったが、国民健康保険に加入している人または所得課税証明書が必要な人など

※ただし、上記に該当しても、所得税の確定申告の必要がある人(国税庁ホームページへリンク)は、市・県民税の申告ではなく所得税の確定申告をしてください。
※平成27年分以後の確定申告から、公的年金等のうち外国で支払われる年金などの源泉徴収の対象とならないものについては、確定申告不要制度の適用対象から除外されます。そのような公的年金等を受給されている方については、公的年金等の収入が400万円以下であっても所得税の確定申告が必要になりますので、ご注意ください。公的年金等の課税関係(国税庁ホームページへリンク)

申告に必要なもの

1 市民税・県民税申告書、印鑑、マイナンバーカード又は通知カード及び身元確認書類
2 平成30年中の所得が明らかにできるもの(給与・公的年金の源泉徴収票、報酬等の支払調書などの原本)
3 事業(営業等・農業)・不動産所得のある人は収支内訳書
4 利用者識別番号(ID)の分かる書類 
※塩尻市役所の会場で確定申告相談をする場合には、利用者識別番号が必要となります。市では、あらかじめ松本税務署にて利用者識別番号を取得してきていただくことを推奨しており、取得された方は、相談当日に利用者識別番号の分かる書類をお持ちください。なお、相談当日に利用者識別番号を取得することもできます。
5 平成30年中に支払った保険料等がわかるもの

  • 国民年金保険料控除証明、「国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料の納付済金額について(お知らせ)」のハガキ(支払った金額がわかるもの)、生命保険料・地震保険料等の控除証明書
  • 医療費控除を申告する場合、「医療費控除の明細書」(医療を受けた人ごとに、病院、薬局ごと支払った医療費を記入するようお願いします)。

マイナンバーの記載について

申告書を提出するときに、本人確認書類や番号確認書類を、その区分に応じ、提示するか又は写しを添付しなければなりません。
・市役所の申告相談会場にて、所得税や市・県民税の申告書を提出する場合 書類の提示
・市・県民税の申告書を、郵送で市税務課に提出する場合 書類の写しの添付
・市・県民税の申告書を、市税務課又は支所に提出のみする場合 書類の写しの添付 など
 提出方法の詳細は、以下からご確認ください。
※申告書に記載された同一生計配偶者、控除対象配偶者及び扶養親族などの確認書類は不要です。

マイナンバー
※写しを添付する場合には、表面及び裏面の写しが必要です。

必要な方はご使用ください

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。所得税の確定申告書はこちらをクリックしてください。(国税庁ホームページ)

市・県民税の申告が必要ない場合

  • 所得税の確定申告書を提出される人は、税務署から市へ確定申告書の情報が送られてくるため、あらためて市・県民税の申告書を提出する必要はありません。(所得税の確定申告の必要がある人は、国税庁ホームページをご覧ください)
  • 収入が給与所得1箇所のみで、勤務先で年末調整が済んでいる人
  • 収入が公的年金(遺族年金、障害年金等の非課税年金を除く)のみで、年金の源泉徴収票に記載された所得控除以外に所得控除を受けない場合

お問い合わせ・連絡先

所得税

松本税務署 〒390-8710 松本市城西2丁目1番20 電話:0263-32-2790(機械音声案内)

市・県民税

塩尻市役所税務課市民税係 〒399-0786 塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

税務課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-8180

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ