このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置

最終更新日:2020年4月1日

住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置について記載しています。

一定のバリアフリー改修工事が行われた場合に、その翌年度分の家屋の固定資産税が減額されます。
ただし、耐震改修に伴う固定資産税の減額措置との併用申請はできません。
また、都市計画税について減額はありません。

減額措置の対象となるもの

対象となる工事期間

平成19年4月1日から令和4年3月31日までの間に行われた改修工事

対象となる家屋及び居住者要件

新築された日から10年以上経過した住宅で、次のいずれかの方が居住する既存の住宅であること(賃貸住宅を除く)。

  • 65歳以上の方
  • 要介護認定または要支援認定を受けている方
  • 障がいのある方(地方税法施行令第7条各号に掲げる障害者に該当する方)

対象となるバリアフリー改修工事

次の工事で、補助金等を除く自己負担額が50万円以上のもの。

  • 通路等の拡幅
  • 階段の勾配の緩和
  • 浴室の改良
  • トイレの改良
  • 手すりの取付け
  • 屋内の段差の解消 等

減額の内容

改修を行った住宅について、工事完了時の翌年度の当該家屋の固定資産税の3分の1が減額されます。
ただし、1戸あたり100平方メートル相当分までが限度となります。

申請方法

工事完了から3ヵ月以内に、次の申告用紙に必要事項を記入したうえ、下記「添付書類」を添付して、塩尻市役所税務課資産税係の窓口に提出してください。

添付書類

  • 要介護認定等を受けている被保険者証の写し
  • 障がい者であることを証する書類の写し
  • 改修工事に係る工事費明細書
  • 工事費用を支払ったことを確認することができる領収書
  • 改修工事前後の写真
  • 補助金等の交付を受けている場合は、その金額がわかる書類

必要に応じ、市役所の職員が現地確認を行うことがあります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

税務課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-8180

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ