このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

特殊詐欺の被害に遭わないために!!

最終更新日:2018年8月7日

特殊詐欺は、不特定多数の人に電話等の手段を使い、金銭等をだましとる詐欺の総称です。
被害にあっていませんか?
「トラブル解決のため、至急、現金が必要」「必ずもうかる」「ロト6の当選番号を教える」「名義を貸して」「レターパックや宅配便で現金を送れ」などの言葉はすべて詐欺です。
「私は大丈夫」が危険です
被害者の心理を巧みに悪用し、性別・年齢にかかわらず「誰もが被害者になる可能性」があります。

塩尻市内で被害発生!!

最近の被害を、お知らせしています

  • NEW【架空請求詐欺】平成30年8月1日、市内50代男性の携帯電話に「会員登録の未納料金が発生している。連絡がなければ法的手続きに移行する」という内容のメールが届いた。男性が連絡すると、インターネット関連業者を装う男から「30日間の動画サービス登録になっているが退会手続きがなく料金が発生している。誤って登録しているなら、一度支払ってもらった後に協会が補償する」などと言われた。男性は指示通り市内のコンビニエンスストアでギフト券(電子マネー)10万円分を購入し、男にギフト券番号を伝えたが、その後不審に思い、インターネット関連協会に確認して被害に気付きました。
  • 【融資保証金詐欺】市内の50代男性が特殊詐欺の被害に遭い、約82万円をだまし取られました。1月下旬、男性が経営する会社に金融業者を装う会社から低金利で融資する内容のファクスが届いた。男性がファクスで融資を申し込んだところ、社員を装う男から「保証金と信用預託金を満額払えば融資する」と電話があり、男性は指定された口座に複数回に分けて振り込んだ。その後、不安に思った男性が金融機関や塩尻警察署に相談して、被害に気付きました。
  • 【オレオレ詐欺】平成30年1月26日、市内70代女性宅に、孫を装った男から「風邪で病院に行ったら大事な書類が入ったバッグを忘れてきた」と電話があり、さらに病院関係者を名乗る男から、紛失の連絡を裏打ちする内容や、バッグがトイレで発見された旨の電話があった。その後、孫を装う男から「業者にお金を払わなければいけないが自分はバッグを取りに行かなければならない。上司が300万円は集めてくれたが、あと200万円足りない。上司の弟が取りに行く」と言われ、女性は市内の路上で上司の弟を装う男に200万円を手渡した。その後、女性が家族に確認し、被害に気付いて被害届を出しました。
  • 【架空請求詐欺】平成29年8月上旬、市内の30代の女性の携帯電話に、インターネットサイト運営会社社員をかたる男から「有料動画サイトの使用料金の未払いがある」「基本料金の7万円を本日中に支払えば登録を解除できる」などと電話があった。女性は市内のコンビニエンスストアで電子マネー7万円分を購入し、利用に必要な番号を男に伝えた。さらに同月中旬、同じ男が電話で「ほかに5社の有料サイトの未納がある」などと現金を要求。女性は指定された埼玉県内の住所宛に現金102万円を送った。その後も現金を要求されて不審に思い、警察に相談して被害に気付きました。
  • 【キャッシュカード手交型詐欺】平成29年7月31日、市内の80代の女性宅に郵便局員をかたる男から電話があり、男は女性の後期高齢者医療被保険者証の番号を言い当てたうえで、「郵便局員と市役所職員が組んで、他人の保険証を使って口座を作っている」「警察に電話するから待っていて」などと話した。続けて警察官をかたる男から電話があり「75歳以上の人は指紋がないとキャッシュカードが使えなくなる」「これからキャッシュカードを受け取りにいく」と言われた。女性は男が自分の保険証番号を知っていたため話を信じ込み、口座の残高と暗証番号を伝えたうえで自宅に訪ねてきた男にキャッシュカード5枚を手渡した。同日、家族に相談して被害に気付き、警察署に相談した。カードは利用防止の手続きを取り、これまでに引き落とされた形跡はありませんでした。
  • 【架空請求詐欺】平成29年7月12日、市内の40代の女性の携帯電話に、「コンテンツ利用料について確認事項がある」などとする電子メールが届いた。メールに表示された連絡先に電話すると、サイト関係者を名乗る男から「インターネットのテレビ使用料に未納分がある」などと言われた。女性は男の指示通り市内3ヶ所のコンビニエンスストアで計10万円分のギフト券(電子マネー)を購入し、利用に必要の番号を伝えた。その後家族に相談するなどして被害に気付き、被害届を出しました。
  • 【架空請求詐欺】平成29年3月下旬、市内の60代の女性の携帯電話に、サイト閲覧料金の未払いを伝える内容の電子メールが届いた。メールに表示された番号に電話すると、サイト関係者を装う男から「代金が未払いだ」「手続きのため10万円を支払ってほしい」などと言われた。指示通り市内のコンビニエンスストアで10万円分のギフト券(電子マネー)を購入し、男にギフト券の番号を伝えた。後日、再び男から電話があり、さらに2回にわたり同様に16万円分を支払った。その後もまだ未払い金があると言われ、松本市内のコンビニでギフト券を購入しようとしたところ、不自然だと感じた店員が警察に通報し、被害に気付きました。
  • 【架空請求詐欺】平成29年3月下旬、市内の30代の男性の携帯電話に、インターネットサイトの仲介業者を名乗る男から電話があり、「以前登録したサイトは退会しているが、姉妹サイトは登録のままになっている。支払わないと裁判になる」などと言われ、指定された口座に約16万円を振り込んだ。さらに「あなたのデータが削除できない」などと言われ、9回にわたって331万円を振り込んだ後に騙されたことに気付き、被害届を出しました。
  • 【オレオレ詐欺】平成29年3月上旬、市内の60代の女性宅に息子を名乗る男から電話があり「喉の下が痛い」などと言われた。翌日、同じ男から「昔付き合っていた人と関係を持った。相手の旦那から慰謝料960万円を請求された」「今日は全額支払わなくていい。50万円を弁護士の口座に振り込んでほしい」などと言われ、市内の金融機関のATMから指定された口座に50万円を振り込んだ。その後、息子に電話で確認して被害に気付き、被害届をだしました。
  • 【オレオレ詐欺】平成29年2月中旬、市内の70代の女性宅に息子を名乗る男から電話があり、「(既婚女性との間に)子供ができてしまった。示談書を作ったため200万円が必要だ」「100万円でもいいから貸して欲しい」などと言われた。男は女性に「風邪をひいた。携帯電話の番号も変えた」などとも伝えていた。信じた女性は2度にわたり、指定された口座に計100万円を振り込んだ。その後、実の息子との会話の中で被害に気付き、被害届を出しました。
  • 【融資保証金詐欺】平成28年9月下旬、市内の40歳代男性が経営する会社へ金融業者を装って融資を案内するファックスが届いた。男性が融資を申し込んだところ、業者を装った男から電話で「1000万円の融資ができる」「契約手数料を振り込んでほしい」「契約担保金を払ってほしい。お金は戻ってくる」などと伝えられた。男性は10月中旬までの間に指定された口座に6回にわたって計435万円余を振り込んだが、期日になっても融資を受けられず警察に相談して被害に気付き、被害届を出しました。
  • 【架空請求詐欺】平成28年9月29日、市内の50代の男性のスマートフォンに「有料動画閲覧履歴があり未納料金が発生している。連絡がなければ法的手続きに移行する」などと記したメールが届いた。表示された電話番号にかけたところ男が出て「未納料金を払わないと民事手続きに入る」などと言われたため、男性は指示通り、複数のコンビニエンスストアで計50万円の電子マネーのギフト券を購入してギフト券番号を男に伝えた。その後も料金の請求が続いたことから、消費者庁の消費者ホットラインに相談して被害に気付き、警察に被害届を出しました。
  • 【架空請求詐欺】平成28年4月10日、市内の60代の男性が携帯電話でサイトを閲覧中、「登録しました。間違えた場合でも20万円の解約金をいただきます」と画面に出たため、解約しようとして画面に表示された番号に電話をしたところ、サイト運営会社社員を名乗る男から解約金として20万円支払うように言われ、電話で指示されたとおりに市内などの複数のコンビニエンスストアで電子マネーのギフト券計20万円分を購入し、利用に必要な番号を伝えた。しかし、8月中旬に再びサイト運営会社社員をかたる男から未納料金を請求する電話があったため不審に思って被害に気づき、警察に被害届を出しました。
  • 【詐欺被害の救済をかたる詐欺】平成28年8月上旬、市内の70代の女性宅に、詐欺被害者を助ける仕事をしているという男から電話があり、「あなたの預金が詐欺に狙われていている。残高を読んでください。危ないので私たちが守る。」と言われ、預金残高を教えた。数日後に警察を名乗る男から電話があり、「口座が狙われており金融機関にも犯人の仲間がいる。危ないからおろしたほうが良い。」と勧められた。現金を引き出す際は「孫の結婚資金」を理由にするよう指示された。女性が現金を引き出すと最初の男の同僚を名乗る男が自宅を訪れたので500万円を手渡した。さらに「受け取った現金に偽札が含まれていた。」と連絡があり、翌日も同じように300万円を手渡した。その後、家族に事情を話して被害に気づき、警察に被害届を出しました。

塩尻市内で発生

被害を防ぐことができました。

  • 【還付金等詐欺】平成26年9月8日に女性宅へ、警察官を名乗る男から、「詐欺がはやっているので気を付けて」と電話があり、その後「年金機構から電話が行く。詐欺ではないので電話に出て」と再び電話がありました。次に年金機構の職員を名乗る男から、「年金が振り込まれる。ATMで操作するように」と電話がありました。女性はATMを操作しましたが、手順が分からず銀行の窓口に相談しました。銀行は詐欺と分かり被害を防ぐことができ、木曽署に連絡しました。

防ぐにはどうしたら?

相手は「信じこませる、思いこませる」プロです

他人に相談できない心理状態に追い込みます。
次の対策をしましょう。

  • 在宅中でも留守番電話に設定
  • ナンバーディスプレイ付電話の設置(契約をしている電話会社に相談してください)
  • 非通知の電話は着信拒否の設定(契約をしている電話会社に相談してください)
  • 現金自動預払機(ATM)での手続きが必要とを言われたら、すぐに電話を切る
  • 息子や孫から「携帯電話の番号が変わった」と連絡があったら、必ず変更前の番号に掛け直す
  • 心当たりのない所からの電話は返事をしないで電話を切る(話をしていると相手のペースに巻きこまれます)
  • 絶対にお金を渡さない

これを言われたら詐欺!!すぐ相談窓口へ

  • 電話の相手から、金融機関で振り込みや解約の理由を聞かれたら、次のように答えるよう言われた。
  1. 家のリフォーム代
  2. 親戚への借金返済
  3. 葬儀代

など

  • 融資の前に保証金等の名目で、現金を要求された。(正規の貸金業者は、いかなる名目であっても、融資の前に現金を振り込ませることはありません。)

※特殊詐欺の電話は、金融機関の窓口が空いている、「平日の昼間」に多いと言われています。

怪しいと感じたら迷わず!!

  • 家族や友人、相談窓口に相談

相談窓口

  • 塩尻警察署生活安全課

電話:0263-54-0110(内線260)

  • 振り込め詐欺撲滅ホットライン(長野県警察専門相談窓口)

電話:026-235-2530

電話:0263-52-0280(内線1129)

電話:0263-40-3660

このようなことがあれば、ご用心!!

特殊詐欺の主な内容です。

特殊詐欺の種類

振り込め詐欺 オレオレ詐欺 親族、警察官等の公務員、金融機関等の職員を装い、トラブル解決の弁済や借金返済の肩代わりの名目で現金をだまし取る詐欺
架空請求詐欺(支払え詐欺) ハガキやメールなどを送り、裁判費用や投資金返還手数料、有料サイトの登録料・退会料など架空な内容の支払請求で現金をだまし取る詐欺
融資保証金詐欺(貸します詐欺)

実際に融資をしないのに、融資する内容の文書を送り付け、融資を申し込んだ被害者から手数料等の名目で現金をだまし取る詐欺

還付金等詐欺(返します詐欺)

税務署や自治体職員などをかたり、税金や医療費の還付に必要な手続きを現金自動預払機(ATMで)行うとうそを言い、ATMの操作を教える振りをしながら、犯人の口座に送金をさせて、現金をだまし取る詐欺

金融商品等取引名目の詐欺
(もうかります詐欺)

電話等で、「必ずもうかる」「あなたしか買えない」「法人名義では買えないので代理で買ってほしい。高値で買い取る」などうそを言って、未公開株や社債、外国通貨などの購入を勧め、購入代金などの名目で現金をだまし取る詐欺

ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺
(もうかります詐欺)

雑誌やメールなどで「パチンコ必勝法」「宝くじ必勝法」を販売するなどと表示して顧客を集め、申し込んだ被害者から情報提供料などの名目で現金をだまし取る詐欺

異性交際あっせん名目の詐欺
(紹介します詐欺)

雑誌やメールなどで「恋人紹介」などと表示し顧客を集め、被害者から紹介料などの名目で現金をだましとる詐欺

お問い合わせ先

市民課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0990

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

サブナビゲーションここから

消費生活

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ