このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

剪定木、落ち葉・刈り草の出し方について

最終更新日:2018年5月24日

平成29年4月より、落ち葉・刈り草の回収は45リットル以上の中身の見える袋で出していただくよう変更しましたが、その後、市民の方々からご意見、ご要望を賜り、収集業者と調整を重ねてまいりました。その結果、落ち葉・刈り草を収集する袋の大きさは幅40センチ長さ55センチ(規格袋19号以上)の中身が見える透明な袋(目安もえるごみ14リットル)に変更します。袋の大きさ以外の変更はありません。
再度ご確認いただき、効率的な収集と資源化へのご理解とご協力をお願いいたします。

平成30年4月からの変更点について(変更点)

幅40センチ長さ55センチ(規格袋19号以上)の中身が見える透明な袋(目安もえるごみ14リットル)

  • 落ち葉・刈り草を収集する袋の大きさは幅40センチ長さ55センチ(規格袋19号以上)の中身が見える透明な袋(目安もえるごみ14リットル)で出してください。

ごみステーションに出す場合(再周知)

落ち葉・刈り草について

  • 中身が見える袋の目安は一般家庭用もえるごみ袋同等以上の透明度となります。
  • ごみ、砂利等の異物が入ったものや土のついた刈り草はもえるごみになります。
  • アメリカシロヒトリが寄生した葉は死滅させてもえるごみで出してください。

剪定木について

剪定木太さは直径10センチ以内、長さ1メートル程度、直径40センチ程度に荒縄か麻ひもで束ねてください。

  • 剪定木と一緒に資源化できる荒縄または麻ひもでまとめて出してください。
  • 針金やビニールひも、紙ひもなどは、資源化する際の妨げとなりますので使用しないでください。

収集について

ごみステーションの中で縛ってある枝と袋に入っている草類を分けてください。

  • 平成29年4月より収集する業者が2社となりました。
  • 収集は午前8時30分から午後4時30分の間に行います。種類ごとに収集していますので回収されるまでに時間差が発生します。
  • 収集物が混在しないようにごみステーションにて剪定木(束ねたもの)と落ち葉・刈り草(袋に入っているもの)に分けて置いてください。

直接受入れ施設へ持込む場合

受入れ施設は次のとおりです。

受入れ施設 すべて有料となります。
受入れ施設

受入れるもの

受入れ日時

受入れ金額

有限会社住岡産業
塩尻市大字上西条121番地1
0263-54-6010
地図はこちら

剪定木 平日・土曜日 お問い合わせください

株式会社光商会塩尻支店
塩尻市大字宗賀6064番地4
0263-52-3992
地図はこちら

落ち葉・刈り草 平日のみ お問い合わせください

塩尻クリーンセンター
塩尻市大字柿沢303番地
0263-56-2221
地図はこちら

剪定木・落ち葉・刈り草 平日・土曜日 10キログラム当たり150円

お問い合わせ先

生活環境課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-54-7661

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ