このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

国民年金の手続き

最終更新日:2015年4月1日

国民年金の手続きについて記載しています。

届け出が必要な場合および手続きに必要なもの
届出の必要な事項 手続きに必要なもの
20歳になったとき 厚生年金、共済年金加入者は除きます。 印鑑
会社を退職したとき 60歳未満で退職された方、また退職された方に扶養されていた60歳未満の配偶者の方の種別変更が必要になります。 年金手帳
退職日の確認できる書類(離職票、退職証明書等)
印鑑
厚生年金等に加入の配偶者の扶養から外れたとき 種別変更が必要になります。 年金手帳
扶養認定抹消日の確認できる書類(健康保険証、認定抹消証明書等)
印鑑
60歳以上で任意加入したいとき  

戸籍謄本(65歳以上の特殊加入の場合)
印鑑

免除、学生納付特例の申請をしたいとき 毎年、申請が必要です。 大学等に在籍していることが確認できる書類(学生証(写し)または在学証明(原本))
印鑑
年金の裁定請求をしたいとき   印鑑、戸籍謄本の他、それぞれ必要書類が異なりますので、市民課国保年金係までお問い合わせください。
国民年金に加入していた方が死亡したとき 第1号被保険者期間により、死亡一時金や未支給年金等の手続きが必要になる場合があります。 印鑑、戸籍謄本の他、それぞれ必要書類が異なりますので、市民課国保年金係までお問い合わせください。

(注)平成14年4月から第3号被保険者資格取得関係の手続きは、勤務先で行うように変わりました。

国民年金の手続き

20歳(厚生年金、共済年金加入者は除く)で国民年金の第1号被保険者として新規加入手続をしていただくほか、厚生年金、共済年金の脱退、配偶者の厚生年金、共済年金の脱退に伴う手続が必要になります。
厚生年金、共済年金の脱退に伴う国民年金関係の手続は、勤務先では手続をしてくれません。
忘れずに手続をしてください。
お手続きをいただくときは、本人確認用に運転免許証などをご持参ください。

20歳到達加入勧奨通知による加入

20歳の誕生日の前月下旬に、厚生・共済の各年金に加入されていない方に対し、加入手続の案内通知が送られますので、市民課国保年金係窓口で加入手続をとってください。加入手続時に窓口で、制度について説明した後、事務処理が行われ、年金手帳、保険料納付通知書がそれぞれ後日郵送されます。

職権適用による加入

上記案内通知による加入手続をとらなかった方は、誕生月の翌月末に職権で加入手続がとられ、年金手帳、保険料納付通知書がそれぞれ後日郵送されます。
これは、20歳から60歳になるまでは、厚生年金、共済年金、国民年金のどれかに加入することが義務づけられているからです。また、未加入や適用漏れにより年金が受け取れなくなることのないようにするためです。

お問い合わせ先

市民課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0280

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ