このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険で受けられる給付

最終更新日:2015年1月1日

国民健康保険で受けられる給付について記載しています。

出産育児一時金

国保の被保険者が出産(流産や死産含む)したときは、出産育児一時金が支給されます。ただし、他の健康保険から一時金の支給を受けることができるときは、支給されません。

  • 支給対象は、妊娠4月を超える分べん(妊娠85日以上)の場合です。
  • 妊娠22週以上の出産(死産を含む)【産科医療補償制度加入の医療機関等】・・・42万円
  • 妊娠12週~22週未満での出産(流産等を含む)、または産科医療補償制度未加入の医療機関等での出産・・・40万4千円
    (出生児数×42万円若しくは40万4千円=出産育児一時金支給額)

保険証、印鑑、振込先の預金通帳、母子健康手帳、領収書又は請求書、流産や死産の場合は「死産届」の写しをお持ちになって申請をお願いします。
また、出産費用を事前に融資する貸付制度もあります。(出産育児一時金の8割貸付)

出産育児一時金の直接支払制度

出産育児一時金を市から医療機関等に支払う「直接支払制度」の利用により、退院時の支払いが出産育児一時金と出産費用の差額分だけの負担で済みます。「直接支払制度」を利用する場合は、出産を予定する医療機関に保険証を添えて申請してください。
出産費用が直接払いした出産育児一時金を下回る場合等により、差額の支給を受けるとき、または、直接支払制度を利用しないときは、医療機関等と交わした合意文書を添付の上、出産育児一時金の申請をお願いします。

葬祭費

国保の被保険者が亡くなられたときには、50,000円が支給されます。亡くなられた方の保険証、喪主の方の印鑑、預金通帳をお持ちになって申請をお願いします。

人間ドック補助金

国保の被保険者で35歳以上の方が対象となります。医療機関の指定はありません。人間ドックを受診した後に、申請してください。ただし、補助申請は、同じ年度内に1回限りとなります。

  • 日帰り・・・15,000円
  • 1泊2日・・20,000円
  • 脳ドック・・10,000円


保険証、領収証、印鑑、預金通帳、受診結果表をお持ちになって申請をお願いします。
※受診結果表は、健診管理台帳として特定保健指導の案内に活用し、個人情報は厳格に管理します。

お問い合わせ先

市民課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0280

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ