このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者用肺炎球菌ワクチンの接種について

最終更新日:2018年1月15日

高齢者用肺炎球菌ワクチンの予防接種を開始しました。

肺炎球菌による感染症

肺炎球菌による肺炎は、成人肺炎の25%から40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっております。肺炎球菌は肺炎、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、髄膜炎などを起こす細菌の一つです。
日本の死因第3位は肺炎です。しかも、肺炎により亡くなる方の95%以上は、65歳以上の方と言われております。

肺炎球菌ワクチン予防接種とは

高齢者の肺炎の中で、最も頻度の高い「肺炎球菌」という細菌感染を予防するワクチンです。肺炎球菌には、80種類以上の型がありますが、肺炎球菌ワクチン接種により、そのうち23種類に対して免疫をつけることができます。接種により、肺炎球菌による肺炎の8割に効果があるといわれています。ただし、肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって、重症化防止などの効果が期待されます。

平成29年度の対象者


平成29年4月2日から平成30年4月1日に65、70、75、80、85、90、95、100の年齢になる方

ご注意ください

平成29年3月31日より前に、高齢者用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン)を接種されたことのある方は定期接種対象外となります。また、ご自身が過去に接種を受けたか不明な方は、主治医に確認をお願いします。5年以内に再接種をすることで、初回接種よりも副反応(注射部位の疼痛・赤斑・硬結等)が強く出ると報告されていますので、過去の接種について確認して接種を受けて下さい。

接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日
 ※対象となるのは、一生涯に一回限りです。

自己負担額

2000円

接種回数

1回接種

接種方法

接種対象年齢の方には予診票を郵送いたします。
 ※予診票が届いても、過去に高齢者用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン)を接種されたことのある方は、定期接種対象外となります。

1.事前に医療機関に予約をする。
2.市より郵送された予診票を持参し、接種を行う。
3.接種後、医療機関より渡される予診票の3枚目「接種済証」を大切に保管する。

市内実施医療機関

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

健康づくり課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-3613

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ