このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

百日咳にご注意ください

最終更新日:2019年11月29日

松本管内で、百日咳の発生が増加しています。
百日咳患者の多くは、5歳~20歳の青年期ですが、ワクチン未接種の乳幼児は重症化しやすいため注意が必要です。

百日咳とは

百日咳は、百日咳菌に感染することによる急性の気道感染症です。
感染力は、インフルエンザの5~6倍程度と非常に高く、患者の咳やくしゃみなどによって感染する飛まつ感染や、患者との接触によって感染する接触感染でうつります。
潜伏期は通常7~10日程度で、普通の風邪症状(鼻水・くしゃみ・微熱)から始まります。次第に咳の回数が増え、顔を真っ赤にして連続的に咳こむようになります。咳の後息を吸うときに、笛の音のようなヒューという音が出ます。
激しい咳は、2~3週間程度続き、2~3か月程度で回復します。
診断後は、一般的には抗菌薬の内服治療を行いますが、青年や成人の場合、症状が軽く他の風邪等との見分けが困難で、多くの人に感染させてしまう可能性があります。

予防のポイント

1)予防接種

百日咳ワクチンは、四種混合ワクチンに含まれています。
四種混合予防接種は、定期予防接種として生後3か月~7歳半までに4回の接種ができます。
生後3か月になったら、速やかに接種しましょう。

2)咳などの症状がある場合

咳エチケット(マスクを着用するなど)に留意し、早めに医療機関を受診しましょう。
診察を受ける際、身近に患者が発生している場合は、その旨を医療機関に伝えましょう。
百日咳を診断され薬を処方された場合は、処方された分を飲み切り、しっかり休養しましょう。

3)その他

外出時にはマスクを着用し、人混みはなるべく避けましょう。
帰宅時には、手洗いやうがいをしましょう。

お問い合わせ先

健康づくり課
電話:0263-52-0858 ファクス:0263-53-3613

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ