このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

長野県実施空間放射線量測定について

最終更新日:2013年10月8日

長野県では平成23年7月11日より長野県内の市役所・町村役場及び小中学校において、空間放射線量の測定を実施しました。
測定方法はシンチレーションサーベイメーター」を使用した簡易測定で、30秒毎に5回読み取りを行い平均値を採用
しています。(すべての市町村で同じ条件で測定を行っています。)
当塩尻市では平成23年7月15日に市役所庁舎、洗馬小学校の2ヶ所で測定を実施しました。
いずれの場所も健康に影響のない数値となっております。

測定結果

塩尻市役所

駐車場で測定している様子の写真

測定している様子の写真
市役所庁舎測定結果

測定値
測定場所 測定時刻 天候 測定結果(μSv/h)
塩尻市役所屋上 15:16 快晴 0.08
塩尻市役所駐車場 測定高さ 1メートル 15:29 快晴 0.08

洗馬小学校

校庭で測定している様子の写真

地面に置いて測定している写真
洗馬小学校測定結果

測定値
測定箇所 測定時刻 天候 測定結果(μSv/h)
洗馬小学校校庭 測定高さ 地表面 14:31 快晴  0.07
洗馬小学校校庭 測定高さ 50センチメートル 14:26 快晴  0.07
洗馬小学校校庭 測定高さ 1メートル 14:21 快晴  0.07

参考

○長野市で実施している空間放射線量の常時監視における過去の平常値(平成18年4月から平成23年2月までの測定値)は0.030μSv/hから0.097μSv/hの範囲であり、今回の測定値はこれと変わりありません。
○宇宙や大地からの放射線量は地域によって異なります。たとえばマグマが冷えて固まった花崗岩が多い地域では放射線量が高くなることが知られています。
○今回の測定値(0.08μSv/h)から、文部科学省が福島県に示した積算方法で試算した年間積算量は、0.42mSvとなります。
国際放射線防護委員会の勧告では、平常時における自然放射線以外の公衆の被爆限度量は年間1mSv(1000μSv)とされています。
(計算方法)
文部科学省が福島県の学校での対応基準を検討する際の年間積算量の計算方法
(屋外8時間、屋内16時間、屋内での被爆量は屋外の40%)により計算をしました。
(0.08μSv/h×屋外8時間×365日)+(0.08μSv/h×40%×屋内16時間×365日)=420μSv/年=0.42mSv/年

リンク

長野県のホームページへリンクします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。長野県内の空間放射能測定結果

お問い合わせ先

生活環境課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-54-7661

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ