このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

大規模盛土造成地マップ

最終更新日:2020年2月28日

平成23年の東日本大震災、平成28年の熊本地震、平成30年の北海道胆振東部地震等では、大規模に谷や沢を埋めた造成地で滑動崩落が発生し、多くの宅地に被害が生じています。
このような背景から、国土交通省では、全国の大規模盛土造成地の位置、規模及び種類を調査し、大規模盛土造成地マップを作成いたしました。
大規模盛土造成地マップは、市民の皆さまに大規模な盛土造成地の存在を知っていただくことにより、今後の地震に対する防災意識を高め、災害の未然の防止や被害の軽減に役立てるために作成したものです。

大規模盛土造成地とは

国では、次のいずれかに該当するものを「大規模盛土造成地」と定めています。

谷埋め型大規模盛土造成地

谷や沢を埋め立てた造成宅地で、盛土の面積が3,000平方メートル以上のもの

腹付け型大規模盛土造成地

傾斜地に盛土した造成宅地で、盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上かつ盛土の高さが5メートル以上のもの

滑動崩落の解説

地震発生時に、盛土全体又は大部分が、主として盛土底面部を滑り面にして、傾斜下部方向に移動する現象です。

大規模盛土造成地マップ(令和元年度)

令和元年度に国土交通省で調査した結果、大規模盛土造成地に該当する箇所が8カ所ありました。

大規模盛土造成地マップ(令和2年度)

令和2年度に市で現地踏査等した結果、大規模盛土造成地の形状等の更新や分割を行いました。

大規模盛土造成地に関する国土交通省のQ&A

Q1.このマップに示されている「大規模盛土造成地」は危険ということですか?
A1.大規模盛土造成地マップは、概ねの位置及び種類を示したものであり、マップに示されている位置が必ずしも危険というわけではありません。

Q2.大規模盛土造成地と示されている地区において、土地の開発や建築の際に何か特別な手続きは必要ですか?
A2.大規模盛土造成地が入っていても、特別な手続きは必要ありません。

Q3.大規模盛土造成地マップを公表した目的は何ですか?
A3.マップの公表は、住民の皆様に大規模盛土造成地の存在に関心を持っていただくとともに、大規模な地震に備えて地域防災に対する意識を高めて、災害の防止や被害の軽減に役立てていただくことを目的としています。

関連サイト

国土交通省宅地防災トップ
http://www.mlit.go.jp/toshi/web/index.html
国土交通省宅地防災パンフレット等
http://www.mlit.go.jp/crd/pamphlet.html

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

建築住宅課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0310

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ