このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

保育園及び認定こども園(保育園部分)への入園手続きについて

最終更新日:2018年10月9日

平成31年4月以降の市内の保育園と認定こども園(保育園部分)への入園手続きについて掲載しています。
平成30年度の途中入園については、こども課にお問い合わせください。

保育園とは

保育園は、保護者が働いていたり、病気にかかっている、看病をしている、出産をひかえている等の理由により、ご家庭で十分な保育ができないときに、保護者に代わってお子さんを保育する施設です。
したがって、すべてのお子さんをお預かりする施設ではなく、入園できるのは保護者が「保育を必要とする事由」に該当するご家庭のお子さんのみで、要件を満たさない家庭のお子さんは入園できません。
なお、満6ヶ月からお預かりが可能です。
また、市内に住所を有し、生活の実態が伴っている必要があります。

認定こども園とは

認定こども園は、教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育園の両方の良さを併せ持っている施設です。認定こども園の保育園部分に入園できるのは、「保育を必要とする事由」に該当するご家庭のお子さんのみです。
認定こども園には、「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地方裁量型」の4つの類型があります。本市にはそのうち「幼保連携型」の認定こども園として、サン・サンこども園グレイスフル塩尻があります。サン・サンこども園では満3ヶ月からお預かりできます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。認定こども園とは

保育を必要とする事由及び証明書

保育園と認定こども園の保育園部分に入園できるお子さんは、保護者が次のいずれかに該当する場合です(父、母それぞれに書類が必要です)。入園後でも次のいずれかの事由に該当しないことが確認された場合又は必要書類が提出されない場合は、退園となります。

保育を必要とする事由及び証明書
保育を必要とする事由 内容 保育を必要とする事由に関する証明書
就労

1か月に64時間以上の就労を常態とすること。(原則1か月に16日、1日4時間以上の就労)
 ※フルタイム、パートタイム、夜間、居宅内の労働など基本的にすべての就労を含みます。(会社勤務・農業・自営業等)
 ※自営業・農業等の手伝いは就労ではありません。

給与収入の方【会社等に雇用されている方】
(1)給与収入の方用就労証明書
 ※就労証明書の「事業主」欄が「他人以外」の方は、源泉徴収票の写しも必要です。
                                          
給与収入以外の方【親族経営の自営業(農業含む)で就労している方、自営業者(農業含む)、会社経営者など】
(1)給与収入以外の方用就労証明書
(2)最新の確定申告書の写しまたは源泉徴収票の写し
 ※(1)・(2)両方提出
                                        
 ※就労証明書は、必ず、ご勤務先の事業主様に記入していただいてください。

妊娠・出産

【3歳未満児】
出産(予定)月及びその前3か月、後6か月の合わせて10か月間
【3歳以上児】
出産(予定)月及びその前3か月、後12か月の合わせて16か月間

母子健康手帳の写し(保護者の氏名と出産予定日の確認できるページ)
保護者の疾病等 保護者に疾病や心身の障がいがあること。

◆身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳所持の方
(1)各種手帳の写し
                                        
◆要介護度2以上に認定されている方
(2)介護保険被保険者証の写し
                                      
◆(1)・(2)以外の方
(3)医師の診断書(家庭で保育ができない旨記載されたもの)
                                        
 ※(3)は塩尻市の様式で提出してください。

病人等の介護・看護 長期にわたり常時、同居親族の介護・看護をしていること。

(1)介護・看護申立書に加え、(2)または(3)のいずれか
                                         
◆介護・看護を受ける方が要介護度2以上に認定されている場合
(2)介護保険被保険者証の写し
                                          
上記以外で、常時介護・看護をする必要がある場合
(3)医師の診断書(介護・看護により家庭で保育ができない旨の証明)
                                        
 ※(1)・(3)は塩尻市の様式で提出してください。

災害の復旧 地震・火災・風水害等に遭われ、その復旧にあたっていること。 消防署発行のり災証明書等(消防署が発行したもの)
求職活動

求職活動を継続して行っていること(自営業の起業準備を含む)。
 ※入園期間は、2か月間です。その期間中に就職し、就労証明書の提出がない場合には、原則退園となります。

求職に関する申立書
 ※塩尻市の様式で提出してください。

就学 大学、専門学校等に在学していること。又は職業訓練校にて職業訓練を受けていること。

(1)在学証明書
(2)カリキュラム(日数及び時間が分かるもの)
※(1)・(2)を両方提出

虐待・DV

虐待やDV、またはそのおそれがあること。

こども課にご相談ください。
育児休業中の継続利用

育児休業中に既に保育園を利用している子どもがいて、継続利用が必要であること。(年長児対象)

育児休業を取得中であることがわかる書類
その他

【3歳未満児を家庭で育児すること】
以下の条件を全て満たす場合のみ適用されます。
(1)3歳以上児の入園申込みであること
(2)家庭で育児する3歳未満児は、平成31年度内において、継続して家庭で保育し、保育園等の入園申込みをしないこと

3歳以上児を家庭で育児することの申立書

その他、市長が認める場合

こども課にご相談ください。

保育園や認定こども園への入園にあたり必要な書類

1. 施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書 兼 保育所入所申込書(様式は、こども課にあります。)
2. 保育を必要とする事由に関する証明書(上記一覧表をご覧ください。)
3. 入園前の調べ
4. 利用調整についての意向調査票(0歳~3歳児の申込みに限る)
5. その他
(1)第1希望でサン・サンこども園に入園を希望する方は、サン・サンこども園入園申込書の提出も必要です。

(2)在宅障がい児(者)と同居の世帯の方は、次の内容に該当する書類を提出してください。
  ・身体障害者手帳の交付を受けている方・・・身体障害者手帳の写し
  ・療育手帳の交付を受けている方・・・療育手帳の写し
  ・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方・・・精神障害者保健福祉手帳の写し
  ・特別児童扶養手当を受けている方・・・特別児童扶養手当証書の写し
  ・国民年金の障害基礎年金を受けている方・・・国民年金証書の写し
  ・生活保護を受けている世帯の方・・・生活保護受給証明書の写し

(3)海外居住者等で日本国内で課税されていない方は、所得や所得控除内容を確認できる書類の提出が必要です。

(4)入園申込みの際に、マイナンバーの確認と支給認定保護者の本人確認を行ないます。

入園申込みに関する様式について

入園の申込に必要な様式は、各園やこども課に用意してあります。次からダウンロードもできます。(入所申込書等一部の様式は、こども課窓口にてお渡しします。)

平成30年度及び平成31年度入園関係様式

年度途中の保育園入園申込について

年度途中の入園受付は以下のとおりです。

申込締切:入園を希望する前月15日(翌月1日入園)
※15日が土日祝日の場合は、直前の平日
申込先:こども課

就労証明書等、提出書類の準備に時間がかかる場合がありますので、
締切日より前に、書類をこども課に取りに来てください。
また、1歳以上児については、申込時に面接(要予約)が必要です。

なお、年度途中の申込は、入園が難しい場合もありますので、御承知おきください。

認定こども園申込について

幼稚園部分の入園申込(詳細)については、直接、園にお問い合わせください。

お問い合わせ先
サン・サンこども園 グレイスフル塩尻
TEL:0263-51-6214

お問い合わせ先

こども課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-0643

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ