このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

小中学校の通学区域

最終更新日:2017年4月1日

小中学校の通学区域について記載しています。

小中学校の通学区域

塩尻市では、地域ぐるみでの子育てを推進するため、行政区単位で通学区域を定めています。(根拠法令:塩尻市立小・中学校の通学区域等に関する規則(昭和59年教育委員会規則第1号))
行政区の地図は、塩尻市地域振興課窓口(市役所1階)で御覧いただけます。

小学校の通学区域

学校名 行政区
市立 塩尻東小学校 東山、柿沢、金井、上西条、中西条、下西条、堀ノ内、長畝、桟敷、町区、松原、みどり湖、峰原
市立 塩尻西小学校 大門一番町、大門二番町、大門三番町、大門四番町、大門五番町、大門六番町、大門七番町、大門八番町、大門田川町、平出8組
市立 桔梗小学校 大門七区、郷原のうち8、10、11、12、13、14、15組、高出一区、高出二区、高出三区、高出四区、高出五区
市立 広丘小学校 原新田、堅石、野村、郷原のうち1、2、3、4、5、6、7、9組
市立 吉田小学校 吉田一区、吉田二区、吉田三区、吉田四区、吉田五区
市立 片丘小学校 南内田、北熊井、南熊井、中挟、君石、内田原
市立 宗賀小学校 桔梗ヶ原、平出(8組を除く)、床尾、洗馬、牧野、本山、日出塩、小井戸
市立 洗馬小学校 上組、元町、芦ノ田、太田、岩垂、下小曽部、上小曽部
市立 木曽楢川小学校 贄川、平沢、奈良井
組合立 両小野小学校 北小野及び辰野町小野の区域

辰野町塩尻市小学校組合立両小野小学校については、辰野町教育委員会(電話0266-41-1111)にお問い合わせ下さい。

中学校の通学区域

学校名 行政区
市立 塩尻中学校 東山、柿沢、金井、上西条、中西条、下西条、堀ノ内、長畝、桟敷、町区、松原、みどり湖、峰原、大門一番町、大門二番町、大門三番町、大門四番町、大門五番町、大門六番町、大門七番町、大門八番町、大門田川町
市立 丘中学校 南内田、北熊井、南熊井、中挟、君石、内田原、野村、吉田一区、吉田二区、吉田三区、吉田四区、吉田五区
市立 広陵中学校 大門七区、原新田、堅石、郷原、高出一区、高出二区、高出三区、高出四区、高出五区
市立 塩尻西部中学校 上組、元町、芦ノ田、太田、岩垂、下小曽部、上小曽部、桔梗ヶ原、平出、床尾、洗馬、牧野、本山、日出塩、小井戸
市立 楢川中学校 贄川、平沢、奈良井
組合立 両小野中学校 北小野及び辰野町小野の区域

通学区域に関する問い合わせ

転居、転入の場合は、必ず事前に行政区をご確認ください。
住所の名称と行政区名は、異なる場合があります。(例:住所が塩尻市広丘吉田〇〇となっていても、行政区が原新田区の場合など。この場合は、住所が吉田であっても、吉田小学校ではなく広丘小学校が指定校です。)
住所から指定校を確認したい場合(正確な番地までお知らせください)は、塩尻市教育委員会事務局教育総務課学校支援係(電話0263-52-0830)までお問い合わせ下さい。
なお、行政区の地図は、塩尻市地域振興課窓口(市役所1階)でご覧いただけます。

指定校変更と区域外就学について

 指定校変更

次の基準に該当し、学校の内諾と教育委員会の許可があった場合は指定校を変更することができますので、在籍する学校又は塩尻市教育委員会事務局教育総務課学校支援係(電話0263-52-0830)へご相談ください。
 仮に許可が認められる場合であっても、近所に住む子どもたちとは別の学校に通うことになり、地区の行事(夏休み中の子ども向けイベント、お祭り、地区の文化祭、地区の運動会、世代間交流イベント、三九朗等の正月行事など)の参加時に友人知人が少ない可能性があるなど、家庭内で十分検討した上で申請するようお願いします。

就学指定校変更許可基準

事由 許可基準 期限等
  前提条件

以下の1から11までのいずれの場合でも、次の3点をすべて満たすことが前提となります。
・変更を希望する学校の施設、設備、教職員体制等に支障がないこと。
・保護者が、変更に係る通学途中の安全を確保すること。
・保護者が、変更に係る通学に要する経費を負担すること。

 
1 転居

1.最高学年(小学校6学年又は中学校3学年)の学年途中に転居する場合
2.最高学年以外の学年で、学期途中に転居する場合

1.卒業まで
2.学期末まで

2 転居予定 住宅新築等に伴い、転居することが確実なため、転居先の指定校へ転居前から通学する場合

新入学(新学年・新学期)当初から実際に転居するまで
契約書や登記簿の写し等の証明書類が必要

3 特別支援学級 入級したい特別支援学級が指定校にない場合 事由が消滅するまで
4 病虚弱等 病虚弱等のため、通学距離を考慮する必要があると認められる場合

必要な期間
医師等の証明書類が必要

5 共働き等 保護者が共働き等で児童の下校後(児童クラブ等を利用した後の下校後)に家庭に保護できる者がいないため、別の通学区域内の祖父母等の親戚宅や、保護者の営業・経営する店舗・事業所等から通学したい場合

事由が消滅するまで
勤務状況等の証明書類が必要

6 住居建替え 住宅の建替え等のため、一時的な転居地(仮住まい先)から通学したい場合

事由が消滅(家屋が完成)するまで
契約書等の証明書類が必要

7 行政区 行政区と通学区域との不一致により、支障があると認められる場合(平出8組の者が、宗賀小学校や塩尻中学校に就学したい場合) 不一致が消滅するまで
8 経過措置

過去に別の通学区域だった地域のため、やむを得ないと認められる場合(平出10組の者が、塩尻西小学校や塩尻中学校に就学したい場合)

当面の間
9 身体等の保護 生命、身体、財産の保護の必要があると認められる場合 必要な期間

関係書類の提出を求める場合あり。

10 不登校の解消 不登校の解消のため、必要があると認められる場合 必要な期間

関係書類の提出を求める場合あり。

11 教育的配慮 教育基本法の趣旨にのっとり、特に必要があると認められる場合

必要な期間
関係書類の提出を求める場合あり。

※通学距離の長短のみの理由は、学級編制の見通しに影響を及ぼすため、認めていません。
※申請する場合は、学校又は教育委員会事務局にある申請書(指定校変更申立書)に必要事項を記入し、必要書類を添付して変更を希望する学校に提出し、学校長副申書(意見書)の作成を依頼してください。後日可否を通知します。

 区域外就学

塩尻市外に住所を有しているが、特別な事情により、塩尻市立(組合立)学校に就学を希望する場合を「区域外就学」といいます。上記の指定校変更の基準に準じて許可の判断をします。(ただし、住所所在地の市町村から同意が得られない場合は許可できません。)
塩尻市内に住所を有し、他市町村の公立学校に就学を希望する場合は、就学希望校を所管する市町村教育委員会にお問い合わせください。

お問い合わせ先

教育総務課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-4354

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

サブナビゲーションここから

学校

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ