このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症の影響による「自立支援医療(精神通院)」及び「精神障害者保健福祉手帳」の臨時的な取り扱いについて

最終更新日:2020年5月26日

自立支援医療(精神通院)の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期間が、自動的に1年間延長されます。
延長にあたっては、市での更新手続き(申請書類や診断書の提出等)が不要となります。

対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に受給者証の有効期間が満了する方
(診断書添付の有無に関わらず全員が対象)

延長期間

有効期間満了日から1年間

受給者証の利用について

現在お持ちの受給者証は、記載された有効期間満了後から1年間引き続き有効とみなされますので、医療機関や薬局等の窓口でそのままお使いください。

(例) 現在お持ちの受給者証の有効期限:令和2年9月30日
                      ↓
    延長後の受給者証の有効期限:令和3年9月30日

その他

〇新規申請や変更申請については、市の窓口で手続きが必要です。
〇既に診断書を取得している方や、更新申請を希望される方は、塩尻市福祉課障がい福祉係までお問い合わせください。

精神障害者保健福祉手帳の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、精神障害者保健福祉手帳の更新時に必要な診断書の取得が困難な方については、診断書の提出を1年間猶予した上で、手帳の有効期間を更新することができます。
診断書の提出を猶予する場合でも、市での更新手続き(申請書類の提出)は必要になります。

対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期限を迎える方のうち、医師の診断書の提出をもって更新手続きを行う方。

診断書の提出について

提出を猶予した診断書は、現在お持ちの手帳の有効期限の日から1年以内に提出する必要があります。

(例) 現在お持ちの手帳の有効期限:令和2年9月30日
    更新後の手帳の有効期限:令和4年9月30日
    猶予された診断書の提出期限:令和3年9月30日

診断書の提出が猶予される場合の必要書類

診断書の提出が猶予される場合の必要書類は下記の2つです。

お問い合わせ先

福祉課 障がい福祉係
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-7732

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ