このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

所得税・市県民税に係るおむつ代の医療費控除について

最終更新日:2021年1月1日

 傷病によりおおむね6か月以上寝たきり状態であり、治療に際しおむつの使用が必要であると医師が証明した場合は、おむつ代について医療費控除の対象となります。

申請方法

初めて申請される方(1年目)

 おむつ代を医療費控除の対象として、初めて控除を受けようとする場合、医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です。主治医に「おむつ使用証明書」の作成を依頼し、確定申告または市県民税の申告の際にご使用ください。
※主治医の「おむつ使用証明書」の作成には作成料がかかります。

2年目以降申請される方

 おむつ代の医療費控除申告手続きが2年目以降で、かつ、要介護・要支援認定を受けている方におかれましては、次の要件にいずれも該当していれば、主治医が発行する「おむつ使用証明書」の代わりに、市が発行する「おむつ代の医療費控除に係る主治医意見書内容確認書」で代用できます。

 
(要件)
 当該年に作成された要介護認定に係る書類(主治医意見書)にて、次の内容が確認できること
(1)「障害高齢者の日常自立度(寝たきり度)」が「B1,B2,C1,C2」のいずれかであること
(2)「尿失禁の可能性」が「あり」であること
(※要介護認定の有効期間が13か月以上で、当該年に意見書が作成されていない場合は、前年又は前々年の内容で判定します。)

申請上の注意点

 2年目以降で発行をご希望の方は、上記の要件を満たしているか、事前に長寿課 介護保険係までお問い合わせください。要件を満たしている場合は、以下のとおり窓口にて申請をお願いいたします。

(申請に必要な物)
・おむつ代の医療費控除に係る主治医意見書内容確認申請書(窓口にもあります。)
・申請される方の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)
・印鑑(申請される方等が自署される場合は不要です。)
※本人または同居の家族以外の方が申請する場合は、委任(申請書の委任欄への記入又は委任状)が必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

長寿課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-54-0203

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ