このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

“秋の大収穫祭” 信州塩尻「そば切り物語り」

最終更新日:2016年10月3日

信州ひすい蕎麦
信州ひすい蕎麦

そば切り発祥の地である塩尻市。

塩尻市は縄文時代のころから人々が生活を営んできた長い歴史をもつまちです。かつては、日本三大遺跡に数えられ、縄文時代から平安時代の長期間にわたる集積跡が見られる平出遺跡。古墳時代の住居あとからそばの花粉が発見されており、稲作とともに畑作物としてそばの栽培がされていたこともわかっています。
また、1890年頃に桔梗ヶ原でぶどう栽培を始めた豊島理喜治氏は、ぶどう酒を造るための醸造庫を建設し、県内で初めてワイン醸造を行っています。桔梗ヶ原はぶどうの栽培に適している風土であるとわかってからは、栽培面積を拡大、ワイン事業が広がりを見せました。
一方、最近では、長野県野菜花き試験場で開発された信州ひすいそばが新しいそばとして注目を浴びています。

今年は、塩尻生まれの信州ひすいそばをメーンに香り高い新そばあり、ワインあり、特産品ありのイベントを開催いたします。大地の恵みに感謝して塩尻のおいしいをいっぱい堪能してください。

開催日時

平成28年10月22日(土曜日)、23日(日曜日)
午前10時から午後4時まで

イベント概要

信州塩尻「そば切り物語り」は7つのゾーンでお楽しみいただけます。

1、そば切り物語りゾーン
・そば処出店、信州ひすいそばも食べれます
・そば打ち名人・達人の実演
・そばがきの試食、古墳時代のそば食体験

2、塩尻ヌーボーピクニック
この秋収穫したぶどうでつくられたフレッシュなワインと地酒をお楽しみください。
参加費:500円(専用グラスとお酒1杯分)
追加でワイン・日本酒を1杯200円からお楽しみいただけます。

3、縄文・古代の村ゾーン
・ふれて、もって、感じるミニ土器展示
・ひらいでの里巡りウォーキング
・勾玉づくり、シャボン玉飛ばし

4、飲食物販ゾーン
・主食からデザートまで!飲食コーナー
・姉妹都市袋井市の特産品物販
・食べ物以外の販売も多数出店

5、農産物ゾーン
・塩尻農産物や加工品の販売
・ネギの収穫体験
・ネギ汁の振る舞いサービス

6、木育ゾーン
・マイ箸作り体験
・木のプールに飛び込もう
・その他ワークショップ開催

7、そば歴史展示・PRゾーン
・信州ひすいそばの誕生の経過と特徴
・そば歴史のパネル展示
・木曽漆器の展示

当日全員参加できる「お楽しみ抽選会~塩尻のおいしいをプレゼント!~」
実施します。詳しくは下記チラシを確認してください。

会場

当日の様子
当日の様子

平出遺跡公園(塩尻市大字宗賀388番地2)

竪穴式住居等がすぐ横にあり、歴史が感じられる広い公園です。秋晴れのとても気持ちが良い場所なので、レジャーシートなどくつろげるものをお持ちの上、ご家族でおこしください。

アクセス

JR塩尻駅東口から無料シャトルバスで10分(運行時間は9:45~16:00)
長野自動車道塩尻インターから車で15分
会場横に駐車場有(約500台)

アクセスマップ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

観光課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-53-3413

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで

ページトップへ
以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表)
Copyright © Shiojiri City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る