このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に係る危機関連保証の認定

最終更新日:2021年4月8日

危機関連保証は、大規模な経済危機、災害等による信用縮小へ対応するため、国として危機関連保証を実施する必要があると認められる場合に、実際に売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和2年3月13日に本保証の認定が公表されました。

指定期間について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中小企業庁HP

指定期間が延長されました。詳しい期間に関しては中小企業庁のホームページよりご確認ください。

・危機関連保証の指定期間とは、市区町村からの認定を受けた事業者が、当該保証に係る融資実行を受けることができる期間をいいます。
・認定書の有効期間は認定の日から30日です。当該認定書の有効期間内に、金融機関又は信用保証協会への危機関連保証の申込みが必要であり、かつ、認定書の有効期間にかかわらず、指定期間の期間内に実行する必要があります

認定要件

(イ)金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るため資金調達を必要としている。
(ロ)新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、原則として最近1カ月の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2カ月を含む3カ月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少することが見込まれること。

申請書類

1.危機関連保証認定申請書 2部

2.売上高等計算表 1部

3.売上高等の実績が確認できる書類 1式(試算表、売上台帳等)

※小数点第2位以下は切り捨ててください。(例:15.5678%の場合→15.5%)

新型コロナウイルス感染症発生から1年経過後の売上高の比較について

危機関連保証の認定における売上高の比較は、災害等の事象が発生した直前同期の売上高と比較することとしています。そのため、新型コロナウイルス感染症の影響が発生し始めた令和2年2月以後の月の売上高は比較対象に入らず、原則として前々年の同月と比較することとなります。詳しくは、下記をご覧ください。

売上減少要件の緩和について(令和2年12月8日~)

新型コロナウイルス感染症の長期化・拡大に伴う経済活動の抑制やGotoキャンペーンを含む各種支援策の変更に伴う影響を受けた中小企業者について、確認可能な「最近1か月間」の売上高等が前年同期に比して増加しているなど、前年同期との比較が適当ではないと認められる場合には、「最近1か月間」を「最近6か月間等(※)の合計または平均」に替えて申請することができます。


※「最近6か月間等」とは、最大6か月間とし、それ以内の期間も可とします。


今回の要件緩和に伴う申請書の改正をありませんので、申請書の「最近1か月間」を「最近6か月間等(※)の合計または平均」に替えて記入してください。
本緩和措置の活用を希望する場合は事前にご相談ください。

創業後1年を経過していない方等前年度との比較ができない方【特例】

前年実績の無い創業者や、前年以降店舗や事業拡大をしてきた業者の方について、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、経営の安定に支障を生じている、方の認定基準が緩和されました。
認定基準の緩和に関する申請については事前にご相談ください。

認定要件

認定緩和の対象となる方は次の(1)または(2)に該当し、かつ(ハ)、(二)または(ホ)のいずれかに該当する方です。

≪対象事業者≫
(1)業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の事業者(※業歴1年1ヶ月以上の事業者の方は該当しません。)
(2)前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者

≪認定要件≫
(ハ)最近1ヶ月の売上高等と最近1ヶ月を含む最近3ヶ月間の平均売上高等を比較
(二)最近1ヶ月の売上高等と令和元年12月の売上高等を比較+その後2ヶ月間(見込み)を含む3ヵ月の売上高等と令和元年12月の売上高の3倍を比較
(ホ)最近1ヶ月の売上高等と令和元年10月~12月の平均売上高等を比較+その後2ヶ月間(見込み)を含む3ヵ月の売上高等と令和元年10月~12月の3ヵ月を比較

指定期間

令和2年2月1日から令和3年1月31日まで

保証料率

0.8%以内で、各信用保証協会毎に定められています。

保証限度額等

危機関連保証とセーフティネット保証をあわせて、無担保:1億6,000千円、最大:5億6,000千円の限度額となります。
新型コロナウイルス感染症の被害を受けた中小企業者の資金繰り支援のため、3階建ての信用保証枠を発動

手続きの流れ

申請書類を揃えて、市役所2階産業政策課へ提出してください。
認定には数日の期間を要する場合があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

産業政策課
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-6113

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ