このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

第4回サイバーセキュリティ勉強会 2019 in塩尻

最終更新日:2019年2月19日

塩尻市では情報セキュリティ人材育成事業の一環として、「第4回サイバーセキュリティ勉強会2019in塩尻」を開催しました。

情報セキュリティ人材育成事業セキュリティイベント

「第4回サイバーセキュリティ勉強会2019in塩尻」を開催しました。

毎年2月1日から3月18日まで官民連携の「サイバーセキュリティ月間」として各方面で、サイバーセキュリティに関する啓蒙活動が行われています。

インターネットは瞬時に世界中と繋がる利便性がある反面、サイバーセキュリティについて世界と同じレベルで考えて行かなければ、年々巧妙化するサイバー犯罪から身を守る事が出来ません。信州塩尻にて産学官の各分野で活躍されている専門家の方々から学べる貴重な勉強会を開催しました。

参加者の皆さんと共に意見情報交換し、この勉強会に参加された方が職場や学校、家族や友人にその知見を伝える事が出来れば幸いです。

セキュリティ勉強会のチラシです。

第四回サイバーセキュリティ勉強会2019in塩尻

期日

平成31年2月16日(土曜日)午前10時30分から午後5時30分まで

場所

塩尻インキュベーションプラザ
〒399-0737
長野県塩尻市大門八番町1番2号

内容

産学官の各分野で活躍されている専門家の方々から、実際の事例を交えた最新のサイバーセキュリティ事情についてご講演いただきました。一般的な教育教材にあるような内容では無く、リアルで興味深い内容が聞ける機会になったと思います。
詳細は下記タイムスケジュールをご確認ください。

対象者

・サイバーセキュリティに関心のある一般の方(中学生以上)
・プログラミングを学習される方(中学生以上)
・WEBサイトやアプリケーションの開発者、SE、プログラマーなどの技術者
・クラウド・サーバーやIT機器を管理運用されている管理担当者や技術者

県外を含む80名の方に、全国からお越しいただきました!

タイムスケジュール
第4回サイバーセキュリティ勉強会2019in塩尻
時間 内容 講演者
10:00

開場・受付


10:30

開会


10:45

基調講演1「サイバーセキュリティの学び方~楽しく、みんなで学ぼう~(仮)」

株式会社ラック
長谷川長一氏

11:30

事例を交えたサイバー犯罪の現状について

長野県警察本部サイバー犯罪対策室
12:00

休憩

 
13:00

基調講演2「OWASPを知れば変わるセキュリティ対策」

OWASP Japan Chapter Leader
上野宣氏

13:45

「法人を対象とした最近のサイバーセキュリティの動向と信州大学の対策」


国立大学法人信州大学
不破泰教授

14:15

「不正プログラムの脅威と対策」コンピュータに感染する不正プログラム(マルウェア)の概要と脅威の変遷をお伝えするとともに、普段からどのような対策を行っておくべきかについて簡潔にお話しさせていただきます。

トレンドマイクロ株式会社
田中啓介氏

14:45

休憩

 
15:00

「脆弱性診断やってみた~プラットフォーム診断編~」

株式会社電算
技術開発部 内山巧氏

15:30

「SPREADの活動と取り組みの紹介」

一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)

16:00

ハニーポットで見る攻撃の検知傾向」
ハニーポットで安全にログを収集し、分析して、見えてきたものを考察します。

@morihi_soc氏

16:30 「OWASPと名古屋」 OWASP名古屋
17:00

休憩

 
17:10

パネルディスカッション

講師のパネラー各氏
17:30

閉会


18:00

懇親会

 

懇親会では塩尻産ワイン等を提供いたしました。

主催・共催

塩尻市(平成30年度塩尻市セキュリティ人材育成事業)、総務省信越総合通信局、信越情報通信懇談会、OWASP Japan、一般財団法人 塩尻市振興公社、信州OSS推進協議会、信州オープンビジネスアライアンス(SOBA)、株式会社 電算、有限会社トラストネットワークス、トレンドマイクロ株式会社

セキュリティ人材育成事業に関するお問い合わせ先

塩尻市情報政策課(吉田、小澤)
塩尻市大門七番町3番3号
電話:0263-52-0659

当日の様子

2月16日サイバーセキュリティ勉強会SIP

平成31年2月16日
参加者実績
イベント参加人数:80名

2月16日挨拶

会場の案内及び主催から挨拶を行いました。

基調講演1

「サイバーセキュリティの学び方~楽しく、みんなで学ぼう~」
株式会社ラック 長谷川長一氏
サイバー攻撃に関する実情と、セキュリティの学び方についてご講演いただきました。
【内容】
サイバー攻撃はなくなることは無い。セキュリティに関する勉強は、実際の体験とその振り返りが重要。自主的に学習し、みんなで楽しく学ぶことが大切。インシデント発生時には、不確実性が多い中、さらなる被害を食い止めるために、先を予想するシナリオ思考が大切。

講演1

「事例を交えたサイバー犯罪の現状について」
長野県警察本部サイバー犯罪対策室
ゲームのアカウント乗っ取りなど、日常生活の中に存在する、身近なサイバー犯罪についてご講演いただきました。
【内容】
インターネット上に情報を投稿する様々なツールが簡単に使える一方、一度情報が広まってしまうとすべて消すことはできない。警察では、広まってしまった情報を消すといったことはできないので、十分に注意することが大切。判断力、自制力、責任力が重要。

基調講演2

「OWASPを知れば変わるセキュリティ対策」
OWASP Japan Chapter Leader 上野宣氏
セキュリティ対策についてご講演いただきました。
【内容】
サイバーセキュリティ経営三原則は、「経営者のリスク認識」、「自社以外にも配慮」、「平時からの対策」。セキュリティの確認には様々な既に様々なツールがあるので、活用する。完全なHTTPS化と、TLS1.0以下の禁止が必要。時代によって要件が変わっていくことがあるので、対策の見直しが大切。

講演2

「Society5.0を支える基幹技術」
国立大学法人 信州大学 不破泰教授
情報機器を当たり前のように使う現在のSociety4.0の次の世代である、Society5.0についてご講演いただきました。
【内容】
Society5.0はサイバー空間との境がなくなり、あらゆるものがサイバー空間につながる社会。それをLPWA、5G、AIといった技術が支える
また大学では多重防御と、自前でサーバーを立てさせないといった対策をしている。

講演3

「不正プログラムの脅威と対策」
トレンドマイクロ株式会社 田中啓介氏
サイバー攻撃の種類やその対策についてご講演いただきました。
【内容】
メールの送信によって、相手の端末にマルウェアを感染させるまでの複数の流れを紹介いただきました。感染を防ぐための対策は、管理者と利用者それぞれの立場で違う。

講演4

「脆弱性診断やってみた~プラットフォーム診断編~」
株式会社電算 内山巧氏
脆弱性診断についてご講演いただきました。
【内容】
脆弱性診断はシステムに弱点がないか調べるもの。一歩間違えるとサイバー攻撃となってしまうので、正しいやり方が大切。また診断時に取得した情報の扱いにも注意をするべき。リスク分析の一つとして診断後の対策が一番大切。

講演5

「SPREADの活動と取り組みの紹介」
一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD) 斯波彰氏
SPREADの活動についてご講演いただきました。
【内容】
地域のパソコンやインターネットを利用する人を支援するサポータを育成している。困っている人を置き去りにしない。相談者にたいして同じ目線に立つ。完璧なセキュリティではなく、その相手にあったわかりやすいセキュリティを考える。

講演6

「ハニーポットで見る攻撃の検知傾向」
morihi_soc氏
あえてサイバー攻撃を受ける仕組みのハニーポットを運用している結果から、攻撃者がどのように攻撃を仕掛けているのかご講演いただきました。
【内容】
ハニーポットの種類や、攻撃者が使うコマンド、どんな手順で攻撃をしてくるのか。ハニーポットを運用するということは、ログを解析すること。

講演7

「OWASPと名古屋」
OWASP名古屋 坂梨氏
OWASP名古屋についてご講演いただきました。
【内容】
塩尻から一番近いOWASPのチャプターであるOWASP名古屋を立ち上げるまでの経緯。OWASP名古屋の活動について。継続して、手を動かすことが大切。何回もセキュリティ勉強会をしている。

パネルディスカッション

「残念なサイバーセキュリティから学ぼう!!」
講演後、会場から質問を集め、それらをもとにしたパネルディスカッションをおこないました。
【内容】
残念なサイバーセキュリティから学ぶ実例として、古いOSの端末を新たに購入した件などの紹介をしていただきました。セキュリティに関しては実践するが大切である。たとえイントラネットであっても、対策を実施する。

新聞記事


朝日新聞2月17日朝刊


市民タイムス2月17日朝刊

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報化

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ