このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

情報基盤整備の取組概要

最終更新日:2011年10月1日

情報基盤整備の概要、補助事業の概要、施設の活用と地域情報化への取り組みについて記載しています。

 1. 情報基盤整備の概要

【1】塩尻情報プラザ

(1)施設

用地 2,163平方メートル 延べ床面積 865平方メートル 鉄骨造2階建て

(2)総事業費

716,873千円(光ファイバー網敷設含む)

(3)主な設備

  • 研修設備
  • ハウジング設備
  • ラウンジ
  • 信州大学塩尻市連携プロジェクト(SCHOLA研究所)
  • センター設備

(4)アップリンク環境

  • インターネット用アップリンク AVIS 20M

(5)他のネットワークとの接続

  • 地域CATV事業者と接続

【2】市内光幹線網

(1) 総延長

  • 約120km

(2) 接続箇所

  • 情報プラザ 市役所 えんぱーく 小中学校13 博物館3 支所8 在宅介護支援施設9 避難施設及び保育園17他 計72カ所

(3)主な設備

  • アクセスネットワーク設備
  • 接続拠点用ギガビットイーサネットLayer3スイッチ

2. 補助事業の概要

【1】マルチメディア街中にぎわい創出事業(郵政省(現総務省)所管)

(1)内容

塩尻情報プラザ建設及び市内ネットワーク施設整備

  • ギガビットネットワークとの接続
  • 教育学習ネットワーク(小中学校13校、博物館3カ所、市役所、文化センターを情報プラザと接続)

(2)事業費

  • 674,873千円(うち国庫補助金337,242千円)

【2】地域イントラネット基盤整備事業(郵政省(現総務省)所管)

(1)内容

おもいやり介護ネットワーク及び行政ネットワーク整備

  • 在宅介護支援施設9カ所をネットワーク化
  • 市役所から支所8カ所をネットワーク化

防災ネットワーク及び子育て支援ネットワーク整備

  • 保育園17か所等をネットワーク化

(2)事業費

  • 204,300千円(うち国庫無利子貸付金54,100千円)

【3】e-まちづくり交付金

(1)内容

信州大学・塩尻市連携プロジェクト研究所(略称「SCHOLA(スコラ)」)設置

  • 産業の発展、新産業創出、人材育成のための拠点施設とする

(2)事業費

  • 20,000千円(うち国庫交付金20,000千円)

3.施設の活用と地域情報化への取り組み

【1】市内高速通信網の整備促進(last one mileの整備)

塩尻情報プラザ、ギガビットネットワーク、市内光幹線網を活用して、CATV、ADSL、無線などによる利用者側回線を整備
塩尻情報プラザ指定管理者制度の導入

(1) CATV双方向化の支援

  • TV松本(株)LCV(株)への出資及びテレトピア地域指定による通信回線整備への支援
  • デジタル放送対策事業によるデジタル放送難視聴地域の解消

(2) 既存通信事業者の高速情報通信サービスの導入

  • NTT、日本テレコムなど通信事業者の行うブロードバンドサービス(ADSL及び光ファーバーサービス等)の導入促進

(3) 市内光幹線の開放

  • 市内光ファイバー幹線の通信事業者及び市内事業所等への実験的貸与(アップリンク含む)

【2】情報リテラシーの向上

各種研修会、講座、技術相談、派遣技術者の受入(OJT研修)、情報アドバイザー 紹介、イベントの開催、施設開放などの実施

  • 市民を対象としたIT基礎講習の実施
  • 企業又は団体(自治体を含む)からの派遣研修の受け入れ
  • 技術相談窓口の設置及びアドバイザー、講習会講師などのデータベース化推進

【3】テレワークセンターとしての活用

情報プラザ内で大容量データの受発信、アーカイブ、コンテンツの作成機能などを無償又は低価格で貸与及びホスティング・ハウジングサービスの実施

【4】分散IX(インターネットエクスチェンジ)プロジェクト

国内のインターネット相互接続点(NSPIXP)-現在は東京に2カ所、大阪に1カ所設置-の地方分散を企図する「分散IXプロジェクト(WIDE)」に参加、コンテンツの大容量化などによる通信需要の増大と経路制御の複雑化に対応

  • 一極集中(東京、大阪)している相互接続点の地方分散化(国内十数カ所)
  • 13年度から2年間の予定でシステム、運営機構等の構築に向けた実験を開始
  • 分散IX設置予定の地域(沖縄県、高知県、三重県、岡山県、愛知県、岐阜県、富山県、山梨県、北海道など)の県的機関、大学、第三セクターなどによる動きが開始されつつある。
  • 隣接県同士の相互接続、NSPIXP2+(首都圏)との接続を推進

【5】その他地域情報モデル実験事業等のフィールドとしての活用

NICT・ IPAなどが実施する実験プロジェクトに応募、誘致し、情報プラザ等の情報インフラの提供、地域企業・団体の参加、技術供与など実証実験フィールドの提供

  • 行政情報化プロジェクト
  • 生涯学習講座受信システム構築実験
  • 医療情報システム構築実験
  • 結核集団検診ネットワーク化プロジェクト
  • 分散BB構築実験
  • 暗号化実験
  • 地域安心安全プロジェクト(子ども見守りシステム)
  • アドホックネットワーク利用によるプロジェクト

【6】市内行政・教育・福祉ネットワークの管理、構築支援

市内各種ネットワークの維持管理及び新たなネットワークの構築支援

(1) 行政ネットワーク

  • 本庁、支所間のネットワーク構築
  • 行政事務の簡素化、市民サービスの向上

(2)教育学習ネットワーク

  • 学校間ネットワーク構築
  • 学習教材の配信による学習支援
  • 教職員の情報能力向上
  • テレビ会議などによる学校間交流の拡充

(3)生涯学習ネットワーク

  • 博物館、公民館、学校のネットワーク化
  • 生涯学習機会の拡充、内容の充実

(4)おもいやり介護ネットワーク

  • 介護保険、在宅介護支援施設など18カ所を接続
  • 介護サービスの迅速化、円滑化
  • 個人情報の共有化によるきめ細かいサービス提供事務の効率化

【7】広域ネットワークの接続拠点としての役割

松本、諏訪、伊那、木曽など中南信地区を中心とした、各広域圏ネットワークの接続点としての役割

お問い合わせ先

情報政策課
電話:0263-52-0280

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ