このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

塩尻市

  • 音声読み上げ 文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • シニア・福祉
  • 楽しむ・学ぶ
  • 組織から探す
サイトメニューここまで

本文ここから

広報しおじり平成30年1月号テキスト版6ページから11ページ

最終更新日:2017年12月27日

広報しおじり2018年1月1日号テキスト版6から11ページがご覧になれます。

そば切り発祥の里 塩尻

 塩尻市は、そば切り発祥の地であり、歴史的にもそばとの関わりが深い土地です。今回の特集では、その歴史に触れ、地域でそばに親しむ皆さんをご紹介します。

そばの名産地 長野県

 長野県といえば「そば」。そんなイメージをお持ちの人は多いのではないでしょうか。実際のところ、長野県には全国に知られたソバの産地がたくさんあります。昼夜の寒暖差が大きく、水はけの良い山地の畑がソバの栽培に適しており、良質なそば粉が取れることから、「信州そば」として全国でも有名になりました。

そば切り発祥の里 塩尻

 今では、そばといえば麺食として食べることが一般的ですが、最初からこのように食べられてきた訳ではありませんでした。そばを食用とした歴史をひもとくと、古くは縄文時代までさかのぼります。そばは、不作や凶作の時の非常食として育てられ、実をそのまま煮たり、石などでつぶし、水と混ぜて団子状にして食べたりしていたと考えられています。「そば切り」と呼ばれる麺食としてのそばが普及したのは、江戸時代頃で、これを機にそばが日本の食文化の一角を占めるようになりました。
 では、そば切りはどこから始まったのでしょうか。発祥の地については諸説あり、木曽郡大桑村の定勝寺(じょうしょうじ)に残る「番匠作事日記(ばんしょうさくじにっき)」や、山梨県甲州市大和町の天目山栖雲寺(せいうんじ)にまつわる古文書などにそば切りの文字が残されています。実は、ここ塩尻市も、そば切りと縁の深い場所です。1706年(宝永3年)に、松尾芭蕉の弟子で、蕉門十哲と呼ばれる人々の一人、森川許六(きょりく)が出版した「本朝文選(ほんちょうもんぜん)」(再版時に「風俗文選」に改題)で、許六の弟子の雲鈴(うんれい)が「蕎麦切といつぱ、もと信濃國、本山宿より出て、あまねく國々にもてはやされける…」と記述しており、そば切りは、中山道本山宿から全国に広がったと伝えられています。食文化の発祥の歴史を探り、場所や時代を断定するのは難しいことですが、塩尻がそばと深い関係にあることは、確かなことのようです。

受け継がれる伝統と愛着 

 森川許六の「本朝文選」の本山宿の記述以外にも、堀杏庵(ほりきょうあん)の中山道旅行記「中山日録」をはじめ、「本山のそば名物と誰も知る 荷物はここにおろし大根」と詠んだ蜀山人(大田南畝)(おおたなんぽ)の言葉などからも、歴史的に塩尻とそばはつながりが深いことが分かります。
 そばの伝統が根付く塩尻では、現在でも地域でそばに親しむ風土があります。次のページからは、そばの伝統を守る皆さんや、地域でそばに親しむ皆さんをご紹介します。

塩尻とそばの歴史


縄文から古墳時代 平出遺跡からソバ花粉を発見

 平出遺跡では、古墳時代(5世紀)の住居跡からソバ花粉が発見され、稲作とともにソバが栽培されていたことが分かっています。
「写真」平出遺跡

寛永13年(1636年) 「中山日録」に贄川宿でのそば切りの食べ方の記述

 尾張藩の徳川義直が日光東照宮の落成祝いに中山道を下った際、随行した堀杏庵の日記(中山日録)に、「楢井を過ぎ夜贄川駅に着く。相君蕎麦切りを賜う…小麦粉の麺を冷やしたようなもので、蘿蔔汁(ダイコンの絞り汁)に醤(たれみそ)を加え、鰹の粉、葱、韮を入れて食べた…数十椀お代わりする者もいた」とつづられています。

寛文8年(1668年)から天和2年(1682年) 本山宿本陣の大名休泊帳にそば切りやそば粉献上の記録

 寛文8年(1668年)から天和2年(1682年)までに、そば切りとそば粉献上の記録が計11回記されており、本山そばが天下の名物であったことが分かります。

宝永3年(1706年) 「本朝文選(風俗文選)」にそば切りは本山宿からと記述

 芭蕉の志を継ぐ森川許六がつづった俳文集の中で、許六の弟子雲鈴が、「蕎麦切といつぱ、もと信濃國、本山宿より出て、あまねく國々にもてはやされける…」と記しています。

享和2年(1802年) 「壬戌(じんじゅつ)紀行」に本山そばの記述

 幕府の役人大田南畝がつづった中山道の紀行文「壬戌紀行」の中で、「本山の駅には、うんどん・そば切・しっぽくといふ看板多し」とあります。また、狂歌師蜀山人として、「本山のそば名物と誰も知る 荷物はここにおろし大根」「そば切りと木曽路の旅は山と坂とかくからみで上るのがよし」と詠んでいます。

そばの伝統を守り 未来へつなぐ


そば切り発祥の地本山そばの里企業組合理事長 花村 芳宏さん「写真」



そば切り発祥の地を守り続けたい

 「そば切り発祥の地」として本山の地域おこしに尽力されている、そば切り発祥の地本山そばの里企業組合理事長、花村芳宏さんにお話をお聞きしました。

本山にそば屋を
 本山では、中山道の宿場として、旅人にそばを提供してきました。しかし、明治後半に、JR中央西線の開通によって宿場を通る旅人が少なくなりました。そのような中でも、そばを打つ技術は各家庭で受け継がれ、祝い事の際に「家庭のハレ食」として食べられてきました。
 伝統の味を守り、地域活性化につなげるため、平成3年に地区の有志で「本山手打ちそば振興会」を発足し、そばの注文販売を実施しました。5年には、信州博覧会でそばを販売し、大変好評でした。そして、6年に振興会の会員で出資金を集め、「そば切り発祥の地本山そばの里企業組合」をつくり、本山にそば屋を開きました。17年には「そば切り発祥の地」の商標登録を取得し、名に恥じないそばの提供を心掛けてきました。

こだわりのそばを提供
 店では、宿場町で出されていた色が少し黒い細身のそばを再現するとともに、引きたて、打ちたて、ゆでたてのそばを提供しています。そばを作っているのは、地元農家の女性たち。80歳を過ぎても、元気にそば打ちをする人もいて、そば打ちが生きがいにつながっているように感じますね。人によって差が出ないよう、ゆで加減などを確認しながら、常にこだわりのそばを提供しています。

本山のそばを守りたい
 本山は、歴史的にもそばとの関わりが深い土地です。ここまで店を続けてこられたのも、本山まで足を運んでくれたお客様や、支えてくれた地域の皆さんのおかげです。本山のそばをこれからも守っていきたいです。

「写真」江戸時代に、宿場町として栄えた本山宿に店を構える「本山そばの里」。

NPO法人信州そばアカデミー理事長 赤羽 章司さん「写真」



そば打ちで地域振興を図りたい

 そば打ち技術の継承などを行っている、NPO法人信州そばアカデミー理事長、赤羽章司さんにお話をお聞きしました。

そば打ち技術を広めたい
 NPO法人信州そばアカデミーは、そば打ち技術の継承・発展を目的に活動しています。平成17年に、「全日本素人そば打ち名人大会」で優勝したことをきっかけに、自分が得たことを伝えたいと思い、立ち上げました。現在、県内外問わず、約70人の会員が所属し、大会出場やそば打ち段位の取得などそれぞれの目標に向け、日々腕を磨いています。また、28年からは、地域交流事業として無料のそば打ち体験や、そばの振る舞いを実施しています。今年は2回実施しましたが、毎回50人以上の参加があり、地域の皆さんにも好評です。地域には、そばを打ってみたい、食べてみたいなど、そばに興味を持っている人が意外に多いと感じます。こういった皆さんにそば打ちの指導を行うことで、そばの文化が地域に広がっていくのではないでしょうか。NPO法人信州そばアカデミーでは、そば打ち講習会を開き、初心者から上級者まで、どんな人でも受け入れているので、気軽に来てほしいですね。

地域で日常的にそばに親しむ環境を
 会員の技術も、一定のレベルに達してきました。今後は、会員以外の地域の皆さんに、そば打ちの技術を伝えていきたいです。また、そばは、文化的・学問的にも奥深いので、こういった話を含め、そばの知識や魅力を伝えていきたいですね。できれば、各家庭に一人、そば打ちができる人がいればよいと思います。欲を言えば、栽培から営業まで学べるようなそばの専門学校があってもよいと思います。いずれにせよ、地域で日常的にそばに親しむ環境を、より一層整えていけたらうれしいですね。

「写真」地域のイベントにも出向き、そば打ち体験教室を実施しています。

そばでつながる地域の輪

 年末に向けて、市内ではそば打ち体験が行われました。地域のさまざまな年代の人が集い、交流しながらそば打ちなどを楽しんだ様子をご紹介します。

11月24・25日 宗賀公民館そば打ち体験教室「写真」

 長年続くそば打ち体験教室に、2日間で22人が参加。使用したそば粉は、宗賀地区の遊休農地で育てたものです。そば打ち体験後は、講師からそばをゆでるこつを教わり、講師が打ったそばと、そばがきの試食を楽しみました。

参加者インタビュー
奈良井 陽子さん(洗馬)「写真」
 子育てが落ち着き、何か新しいことに挑戦したいと思い、初めてそば打ちを体験しました。そばの良い香りを堪能しつつ、楽しく体験できてよかったです。今後は、家族や親戚など、身近な人に自分が打ったそばをプレゼントできるようになれたらうれしいですね。

11月25日 北小野公民館そば打ち教室「写真」

 北小野公民館と北小野地区体育協会共催の、長年続くそば打ち教室。親子連れなど、約30人が参加しました。そば打ち体験後は、自分たちが打ったそばを、持ち寄った漬物や、揚げたてのてんぷらとともに味わいました。

参加者インタビュー
赤羽 理絵さん 凛咲(りさ)ちゃん 琴心(ことみ)ちゃん(古町)「写真」
 昨年に引き続き、2回目のそば打ち体験です。昨年よりも余裕を持って楽しく打てました。家ではできない体験を、地域の皆さんのおかげで子どもと経験できることがありがたいですね。今度は実家に眠るそば打ち道具を使い、両親に手打ちそばをごちそうしたいです。

12月2日 吉田公民館そば打ち講習会「写真」

 地元の講師3人を招いたそば打ち講習会に、12人が参加しました。講師による実演の後、三つのグループに分かれてそば打ちを実践。打ちたてのそばは、その場でゆで、持ち寄った漬物などと一緒においしく食べました。

参加者インタビュー
二村 光彦さん(吉田三区)「写真」
 自分で打ったそばを食べたいと思い、初めてそば打ちを体験しました。年末になると、近所の皆さんからそばをいただくのですが、体験してみてそば打ちの大変さがよく分かり、ありがたみが一層増しました。今後は道具をそろえて、そば打ちをマスターしたいですね。

塩尻でそばを味わおう! イベント案内


問い合わせ 塩尻市観光協会 電話0263-88-8722

そば巡りスタンプラリー

 スタンプラリー参加店で食事をするか、そば打ちを体験した際に、スタンプラリーカードを提示すると、スタンプが押印されます。スタンプを集め、参加店に渡すと、すてきな商品が当たります。
■期間 1月21日日曜日まで
■スタンプラリー参加店 全22店舗
■商品
 ○A賞(スタンプ6個)「第15回地酒と手打ちそばを味わう会」または「塩尻ワイナリーフェスタ2018」のペアチケット 計6本
 ○B賞(スタンプ4個以上) 塩尻3銘柄の日本酒 計12本
 ○C賞(スタンプ2個以上) スタンプラリー参加店でのお食事券 計30本
※商品の発送をもって当選発表とします。
「スタンプラリーカード」スタンプラリーカードは、スタンプラリー参加店に設置しています。

スタンランプラリー参加店

※順不同です。
※★星印マークの店舗は、塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。

相撲茶屋 笠の花 電話0263-52-1000
信州そばアカデミー ゆかり庵(体験のみ)電話0263-50-5518
★手打ち蕎麦処 山麓亭 電話0263-53-1731 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
道の駅小坂田公園 レストラン茜里 電話0263-51-5611
★そば処 泉屋 電話0263-52-1412 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
そば処 知春 電話0263-53-1209
★ほっとして ざわ 電話0263-53-8233 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
★そば屋 しみず 電話0263-51-1348 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
丸泉 手打ちそば店 電話0263-52-2909
芳香庵 みのる 電話0263-54-0888
★そば切り発祥の地 本山そばの里 電話0263-54-6371 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
関所亭 電話0264-34-2071
★そば処 ながせ 電話0264-34-3317 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
食事処 与志田 電話0264-34-1000
手打ちそば ていしゃば 電話0264-34-3366
そば屋 楽々亭 電話0264-34-3199
越後屋食堂 電話0264-34-3048
そば処 相模屋 電話0264-34-3117
★徳利屋 電話0264-34-2189 ※塩尻市手打ちそば切り協議会の加盟店です。
こころ音 電話0264-34-3345
そば処 かぎの手 電話0264-34-3646
そば処 山なか 電話0264-34-2230

第7回そば切り発祥の里塩尻「寒の手打ちそば祭り」

 寒い季節に、塩尻の手打ちそばと、地酒をお楽しみください。
■期間 1月12日金曜日から21日日曜日(10日間)
■開催場所 塩尻市手打ちそば切り協議会に加盟する7店舗(そば巡りスタンプラリー参加店ののうち、★星印マークの店舗)
■内容 加盟店で1,600円以上食事をした人に、その場でプレゼントを贈呈します。さらに、後日行う抽選で商品が当たる抽選券をお渡しします。
■商品
 ○特賞 「第15回地酒と手打ちそばを味わう会」招待券 計7本
 ○1等 吟醸酒 計6本
 ○2等 協議会加盟店で使えるお食事券 計24本
※商品の発送をもって当選発表とします。
※このほか、各店舗独自の抽選も行います。

お問い合わせ先

塩尻市
電話:0263-52-0280 ファクス:0263-52-1158

ご質問、ご提言は「しおじり声のひろば」からお寄せください

本文ここまで


以下フッターです。

塩尻市役所

〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3番3号 電話:0263-52-0280(代表) ファクス:0263-52-1158 法人番号:3000020202151
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
Copyright © Shiojiri City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ